限定100台…だと!? ボルボのハイパフォーマンスモデル「ポールスター」が販売開始!

ボルボ・カー・ジャパンが8月5日より、「S60」と「V60 」のハイパフォーマンスモデル新型「S/V60 ポールスター」を、日本で販売開始すると発表しましたので紹介しましょう。

ボルボ「S60 / V60ポールスター」とは?

まず、ボルボ「S60 / V60ポールスター」とは、「S60」がセダンタイプ、「V60」がワゴンタイプです。そのハイパフォーマンスモデルにあたるのが「S60 / V60 ポールスター」で、今回紹介するのは、アップデートされた新型となります。

レーシングテクノロジーが活かされた

「ポールスター」は、ボルボのラインアップの中でも特別な位置づけのブランド名です。

名称の由来はボルボのオフィシャルパートナーであり、WTCCに参戦している「ポールスター・シアン・レーシング」です。シャーシとエンジンには、このレーシングカーと同一のテクノロジーが反映されています。

Drive-E T6エンジンをチューンアップ

従来型の3.0リッター直列6気筒エンジンから2.0リッター4気筒エンジンへとダウンサイズされました。このダウンサイズされたDrive-E T6エンジンをベースに、ターボチャージャーを大型化し、スーパーチャージャーを強化、コンロッドとカムシャフトを見直し、エアインテークの大型化、および燃料ポンプの大容量化といったチューンを加え、エンジン性能を向上させています。

結果、最高出力は従来の345hpから367hpに向上。0-100km/h加速は、「S60ポールスター」で4.7秒、「V60ポールスター」で4.8秒最高速度は250km/hを実現しています。

パドルシフト付き8速オートマチックトランスミッションを採用。新型にはボルグワーナー社の4WDシステムと、スポーツプラスモードも加わりました。電動パワーステアリングに至っては専用にチューニングされています。

371mmのスロット付フロントブレーキディスク、ブレンボ製6ポッドキャリパー、オーリンズ製DFVダンパーなどを採用し、ドライビングダイナミクスの強化も図られている点もポイントですね。

20インチのアルミホイールも、抜かりなく新デザインが採用されています。

20kgもの軽量化にも成功

エンジンをダウンサイジングしたことにより、車両重量も20kgもの軽量化が計られました。また、この軽量化はハンドリング性能を大きく向上させることに貢献しています。

さらに、燃費においても12.2km/Lを実現し、最大27%もの燃料消費率を向上させています。

100台限定での導入

「S/V60 ポールスター」は日本において、3度目のリリースとります。初年度は90台、昨年は50台と続きますが、今回も同様に、100台限定での導入となります。それではプロモーション動画もご覧ください。

いかがだったでしょうか? 4ドアセダンと5ドアワゴンですが、どこかレーシーな雰囲気を感じさせてくれますね。かつて、「スカイラインGT-R」も4ドアこそが真の「GT-R」と呼ばれていたそうですし、羊の皮を被った狼という感じで、なかなかそそるものがありますよね。

限定100台とのことですので、気になった方は即ディーラーへ!

S/V60 ポールスターの改良ポイント

  • エンジン:直列4気筒2L スーパーチャージャー&ターボ
  • 最高出力:367ps(+17ps)
  • 最大トルク:47.9kgm(-3.1kgm)
  • エンジンの小型化により、フロントを中心に約20kg軽量化
  • ミッション:8速AT
  • 駆動:BorgWarner製 4WD
  • 0-96km/h加速:4.7秒
  • 燃費:S60 ポールスター 12.2km/L、V60 Polestar 11.2km/L
  • 最高速度:250km/h(リミッター)
  • 新たに「Sport+(スポーツプラス)モード」を採用し、さらなるスポーツドライビングを実現
  • 専用チューニング電動パワーステアリング
  • 新採用371mmスロット付フロントブレーキディスク、ブレンボ製6ポッドキャリパー
  • オーリンズ製DFVダンパー
  • 新デザイン20インチアルミホイール
  • S60 ポールスター価格:839万円
  • V60 ポールスター価格:859万円
  • 販売台数:限定100台

参考 – Volvo dévoile les V60 et S60 Polestarボルボ・カー・ジャパン、Youtube : The new evolution Volvo S60 and V60 Polestar

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。