世界初公開!? 2017年フランクフルトモーターショーに「Honda Urban EV Concept」を展示

ドイツのフランクフルトで行われる世界最大のモーターショー「フランクフルトモーターショー2017」が、2017年9月12日~24日(プレスデー:12日~13日、一般公開日:16日~24日)の10日にかけて開催。

世界最大のイベントだけに、各メーカーの気合の入れっぷりはもちろんのこと、待ち望んでいる人も多いのではないでしょうか。

フランクフルトモーターショーとは?

世界的に有名なモーターショーだが、ご存じない方のためにおさらいしよう。

「フランクフルトモーターショー」とはドイツ自動車工業会 (VDA) が主催し、2年に1度行われる自動車関連の祭典。

そして、開催地がドイツの「フランクフルトモーターショー」、アメリカ合衆国の「デトロイトモーターショー」、日本の「東京モーターサイクルショー」の3つを総称して世界3大モーターショーと呼ばれている。また、これに「ジュネーヴ・モーターショー」と「パリモーターショー」を足すと、世界5大モーターショーと呼ぶ。

基本的に自動車や関連製品の展示及び、新車やコンセプトモデルの発表をする場となっている。

「Honda Urban EV Concept」を世界初公開

ホンダは将来の量産EVモデルの方向性を示す「Honda Urban EV Concept(アーバンEVコンセプト)」をフランクフルトモーターショー2017で初公開するそうです。

その他にもホンダブースでは、欧州で初公開となる新型モデルの「CR-V HYBRID」プロトタイプ(欧州仕様)や、「CIVIC ハッチバック」のディーゼルモデルなどを展示するとのこと。

ちなみに新型の「CR-V HYBRID」と「CIVIC」については、 当サイトでご紹介していますので参考までに……

http://forride.jp/car/honda-cr-v-hybrid

遂に国内仕様が公式リリース!ホンダ「CIVIC TYPE R」と「CIVIC」の詳細が明らかになったぞ!

ホンダの電動化目標

グローバルでの電動化目標から5年先駆けてきたホンダは

「2025年をめどに欧州四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2を、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリーEV、燃料電池といった電動化車両に置き換える」

と、欧州市場での目標達成に向けて電動化を推進して行くとのことだ。

参考-ホンダ
K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。