【東京オートサロン2016】通算50勝した名車が現代に復活!?

クルマ業界、新年まず最初のお祭りがこの幕張メッセで行われるカスタムカーショー「東京オートサロン」、晴海から始まりどんどん拡大していき、数年前から元々東京モーターショーが行われた幕張メッセに場所を移し、全ホール、屋外、周辺施設を巻き込んでのビックイベントになりました。僕も毎年欠かさず行っています。

さて、昨年話題のクルマが多く誕生した年ではないかと思います。当然ながらこのショーでそのクルマをベースにしたカスタムカーが多く出展されます。

その中でまず目に止まったのは、ハロースペシャルがカスタムした「アルト GT-RR やんちゃ仕様」。

RES_988A5137

クルマ好きならわかると思いますが、この新型アルトのカスタムモチーフは、デビューから無敵の50勝をかざった日産スカイラインGT-R(KPGC10)通称「ハコスカ」のレーシングカーになります。フロント・リアに当時のGT-Rのエンブレム、フェンダーはボルト出しのオーバーフェンダー、リアのテールライトもハコスカ風にカスタムされています。

RES_988A5144

このエアロは、フルキットで32万4,000円(2016年3月末まで10万円割引、エンブレム・ゼッケン、ホイール、テール等はオプション)で販売されています。

迫力満点ですが、決してイヤな感じがないKカーのフルエアロキットとしては、かなりレベルの高いと感じます。これで中身も作りこんでサーキットで走ってみたいです。

クリハラジュン

クリハラジュン

大学生時代に就活せず自動車ライターをはじめ、生活の全てを愛車のインプレッサ WRX STI Type Rにささげているクルマ馬鹿でありマカーです。