サンタクロースって愛車はAMGだったの!? 米メルセデスのユニークなCM!

さて、クリスマスは何事もなく終了してしまったのですが、このシーズンは自動車業界がユニークな動きを見せてくれます。というのも、毎年、クリスマスシーズンになると、期間限定でのユニークなCMを制作するからです。

まずは高級自動車メーカー、メルセデスベンツのCMを紹介しましょう。

メルセデスベンツ・ウィンターイベントCM「Switcheroo」

クリスマスパーティー会場なのでしょうか。サンタが観客に見守られながら会場を後にします。

控え室?にはソリが停車されています。トナカイの姿は見えませんね。

サンタが突如、レバーをオンすると……、

ソリは床ごと姿を消し、そこにはメルセデス「AMG GT S」が突如として現れます。忍者屋敷もかくやという早業には驚かされました。

サンタさんは颯爽とクルマに乗り込み、自分で運転しています。あれトナカイは?とも思ったのですが、答えはすぐに判明します。

そう、牽引されているワケではないのですが、トナカイの代わりに、やはりベンツのクルマが先導してくれています。それにしても贅沢な集団です。

ちなみにこちらはメルセデスベンツの米国法人が公開した、クリスマス向けの最新CMになります。それでは動画をお楽しみください。

メルセデスのクルマは雪道も快適だよ!ということなのでしょうか。

ただのメルセデスオーナーによるナイトランのような光景が若干シュールでしたが、メルセデスの品位を損なわないレベルでユニークに仕上げられていますね。

いやはや、メルセデスには今後もこういったユニークなCMを作っていただきたいものです。さらに、日本の各メーカーさんにも、海外CMに負けないくらいユニークなCM制作を期待しています!

参考 – Youtube : Mercedes-Benz Winter Event Commercial – “Switcheroo” 
K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。