アストンマーチンとレッドブルが夢のコラボ!次世代スーパーカー「AM-RB001」を公開

イギリスの高級スポーツカーメーカーとして知られるアストンマーチンが、レッドブルとコラボレーションを行った次世代スーパーカー「AM-RB001」のプロトタイプを公開したので紹介しましょう。

次世代スーパーカー「AM-RB001」

「AM-RB001」は、アストンマーチンが持つカーデザインと、レッドブルレーシングが持つF1技術とが融合した、まさに次世代型のスーパーカーとして作り上げられています。

V型12気筒エンジン搭載のミッドシップ2シーター

「AM-RB001」はミッドシップの2シーターで、900〜1,000馬力を発揮する自然吸気のV型12気筒エンジンを搭載しています。車重も900〜1,000kgと軽量構造となっており、パワーウェイトレシオは1対1を実現しているとのことです。

公道仕様とサーキット専用車の2種類が存在

公道仕様とサーキット専用車の2種類が用意され、公道仕様は99台、サーキット専用車を24台発売する予定となっています。

そのお値段ですが、200万〜300万英ポンド(約2億5,000円〜4億円)というのですから、やはり夢の次世代スーパーカーを手に入れるには、庶民からは現実離れしたお値段になるということですね。なお、発売は2018年からとのことです。

購入は到底無理ですが、助手席でいいから一生に一度は乗せていただきたいものです。

参考 –  ASTONMARTIN

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。