世界で一台!ランボルギーニ「コンセプトS」がオークション出品予定

ランボルギーニの2006年式「CONCEPT S(コンセプトS)」というモデルをご存知でしょうか。

知らない方も多くて当然、こちらの車両は、2005年のジュネーブモーターショーで初披露となったランボルギーニのコンセプトモデルなのです!

コンセプトモデルながら走行も可能な「コンセプトS」

世界で一台!ランボルギーニのプロトタイプ「コンセプトS」がオークション出品中

そしてなんとこの「ランボルギーニ・コンセプトS」が、世界最古のオークションハウス「Sotheby’s(サザビーズ) 」に出品予定とのこと。

世界で一台!ランボルギーニのプロトタイプ「コンセプトS」がオークション出品中

コンセプトSの歴史を紐解くと、まず2005年のジュネーブモーターショーで初披露となり、この年のモントレー・コンコルソ・イタリアーノとペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、走行可能なプロトタイプとして発表されました。

世界で一台!ランボルギーニのプロトタイプ「コンセプトS」がオークション出品中

往年のレーシングモデルのようなスタイリングに、ランボルギーニの技術が存分に盛り込まれた「コンセプトS」は、当時かなりの注目を集めました。

世界で一台!ランボルギーニのプロトタイプ「コンセプトS」がオークション出品中

生産も検討されていたのですが、市販化されることはなく、結局この実走行可能なプロトタイプ1台のみとなってしまいました。

ちなみに落札予想価格は240万ドル〜300万ドル(約3億円〜約3億7000万円)とされており、この”幻のランボ”の行方に視線が注がれています。

いかがだったでしょうか。

アメリカのラッパーさんあたりが落札するのでしょうか。それとも中東の石油王でしょうか。動向が分かり次第追加報告をしたいと思います。

【関連記事】

700馬力のワーゲン「ゴルフR改」vs ランボルギーニ「ウラカン」!

ランボルギーニは「ウルス」よりも前にSUVを販売していた!?

ランボルギーニのSUV「ウルス」がついに市販化決定!

ランボルギーニはトラクターのメーカーだった!?

新型デロリアン!? いえいえ、マセラティの「ブーメラン」です!

参考 – Sotheby’s

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。