これで市販車と60%が共通部品!アウディGT4レーサー「R8 LMS GT4」がレースデビューを迎える!

アウディは2009年に「R8 LMS GT3レーサー」をリリースして以降、常に市販車ベースのレースシーンをサポートし続けていますが……

この度、新たにGT4クラスにニューモデルを投入すると発表しました。今回は、その「R8 LMS GT4」をご紹介しましょう!

Audi「R8 LMS GT4」のベースはR8  Coupé V10

それが、この「R8 LMS GT4」。半世紀に渡って世界中で人気を集めている「スポーツカーをベースにした車両によるレース(GTレース)」のベース車であり、GT4のレギュレーションに合致しています。

ベースとされるのは、モデル名にある通り、先に新型が発表されたばかりの「R8 Coupé V10」です。

コチラはベースモデルの「R8 Coupé V10」。流麗なエクステリアとパワフルなエンジン、それに高い安全性が自慢のクーペです。

総排気量5.2LのV10エンジンは同社市販モデルとして史上最強の610PSを発揮。最高速は330km / hに達します。

R8 Coupé V10と60%以上のパーツが共通

ベースモデルと比較すると、そのエクステリアはGTレーサーのそれに仕上げられていますが、実はその構成パーツの60%以上がベースモデルと共通であり、製造工場も同じなのだそうです。

これは価格設定や維持費用の向上を防ぐ狙いがあると言います。

本モデルはアウディのサブブランド”アウディスポーツ”名で行われます。

まずは2017年シーズン、”アウディスポーツ”は最高出力364kW(495HP)(仕様により異なる)のGT4モデルを最終ホモロゲレベルに到達させ、レース参戦申請ができるように開発。

そして2017年後半に生産準備にかかり、年末までに市販バージョンが最初のオーナーの元に届けられる、と発表しました。

初レースは5/25~開催のニュルンベルク!

同モデルは、5月25~28日に行われるニュルブルクリンク24時間耐久レースになります。これまで、GT3とTCRでリーディングカンパニーとしてレーシングマシンの供給を続けてきたアウディですが、ヨーロッパで発足したGT4クラスの世界への広がりを見越して、「R8 LMS GT4」を投入したというワケです。

市販車で躍進を遂げているアウディですが、GT4クラスでの未来やいかに?これは楽しみになって来ました!

参考-アウディ(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。