アウディ「S8プラス」605馬力のハイパフォーマンスセダンが登場

「RS8」の登場なのか? いや、アウディの新しいフラッグシップ・セダン「S8プラス」だ。

しかも、605馬力というとてつもないパワーとパフォーマンスを秘めたフラッグシップ・セダンなのである。

「S8」ベースにパワーを”プラス”

アウディ「S8プラス」605馬力のハイパフォーマンスセダンが登場

「S8プラス」は、「S8」をベースに、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボの「4.0TFSI」エンジンをパワーアップし、最高出力は「S8」の520psから605psに向上した、クラス最高の高性能モデル。

アウディ独自のアルミ素材ボディ「Audiスペースフレーム(ASF)」によって、全長5メートル超の大型ボディながら、重量は231kgにまで軽量化されている。

アウディ「S8プラス」605馬力のハイパフォーマンスセダンが登場

また、最大トルクは5.1kgm増えて71.4kgmとなり、オーバーブーストモードではなんと76.5kgmにまで引き上げられる。0-100km/h加速は3.8秒で、ダイナミック・パッケージを選んだ場合の最高速は305km/hにまで達する。

アウディ「S8プラス」605馬力のハイパフォーマンスセダンが登場

アウディ「S8プラス」605馬力のハイパフォーマンスセダンが登場

そして、もちろん内外装も最高級サルーンとして豪華仕立てとなっており、室内はスポーティーさとラグジュアリーさを併せ持つレッドステッチのブラックレザー、ピアノブラックパネル、ステンレスペダルなどが装備される。ボディカラーには専用色であるマットシルバーも用意され、専用デザインのトランクスポイラーや、グロスブラックグリルなども。

現時点では日本国内向けの導入時期などは不明だが、まずは本国ドイツで11月末に発売が予定されている。

そして、気になる価格は14万5,200ユーロ(約2,000万円)とのことで、現行の「S8」よりも2万8,000ユーロ(約400万円)も”プラス”となっている。

しかしながら、プラス400万円以上のポテンシャルを秘めていることは言うまでもないだろう。

参考 – HI CONSUMPTION

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。