自動運転の時代がすぐそこに! 絶対注目の最新カーをチェック【東京モーターショー2015】

好評開催中の「東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日・東京ビッグサイト)」。

第44回となる今回のショーで、いきなり脚光を浴びているのが「自動運転」だ。

「2020年の実用化」がささやかれていることもあってか、様々なメーカーがデモカーなどを出展。ここでは、それらの中で、注目のものを幾つかピックアップしてみよう。

トランスフォームで快適空間を”やっちゃう”日産

まずは、日産が出展したのが、コンセプトカーの「IDS Cocept」だ。

自動運転を可能とする技術としては、いま話題のA.I.(人工知能)を搭載。道路や交通状況、道路標識などを正しく理解し、先の状況予測も行うことで、安全でスムーズな自動運転が可能だという。

また、A.I.は、ドライバーの運転や日常の行動を学習し、お勧めの走行ルートを教えてくれることなども可能。積極的にユーザーとのコミュニケーションも行う。

nissan_ids_03

「IDS Cocept」には、ドライバーが操作する「マニュアルドライブモード」と、自動運転の「パイロットドライブモード」を装備する。

自動運転時には、インテリアがトランスフォーム。ステアリングが収納され、大型モニターが出現するなどで、ドライバーも他のパッセンジャーと同様、車内を快適に過ごせる空間に変身させる。

nissan_ids_02

早くから自動運転に力を入れている日産だけに、なかなかの本気度がうかがえる今回の出展内容。自動運転システム実用化の一番乗りを目指して”やっちゃえ”日産。

独自デバイスを搭載したデモカーを展示する三菱電機

三菱電機では、独自の予防安全技術「Diamond Safty」を搭載したデモカー「EMIRAI3 xAUTO」などを展示している。

三菱電機01
「EMIRAI3 xAUTO」は、夜間対応自動ブレーキシステムやリモコン式自動駐車、車線維持システム、路車・車車間連携通信を活用した合流支援などの機能を搭載。様々な自動運転を可能としたクルマだ。実際に走行もできるそうで、ベースは「アウトランダーPHEV」のようだ。

三菱電機02
他にも、新技術のHMI(ヒューマンインターフェイス)やドライバーセンシング技術など次世代の運転支援技術を搭載したデモカー「EMIRAI3 xDAS」や「3D-HUD」、自動運転に必要な各種センサー類など、三菱電機の先進技術をアピールする展示が目白押しだ。

ベンツの自動運転車は若者がターゲット

メルセデス・ベンツが発表した自動運転車が「Vision Tokyo」。

ベンツ01
開催地「東京」をモチーフに、メガシティに住む若い年齢層「ジェネレーションZ」をターゲットにすえたクルマだ。

スマホやSNSで育ったデジタルネイティブ層への提案として、シンプルなフォルムや知性を感じさせるスタイリングなどを採用。光をユーザーとのコミュニケーション手段として使い、デジタルグリルがディスプレイになるなどのギミックも投入する。

ベンツ02

また、すでに海外で発表済みの自動運転車「F015 LUXURY IN MOTION」も展示。ベンツの伝家の宝刀、「シンプルでラグジュアリー」なインテリアが魅力のクルマだ。

今回のショーでは、他にもパーツメーカーなどが、自動運転用センサーやカメラ類など関連デバイスを数多く出展。2年前のショーとは段違いのフィーバーぶりだ。その意味で、今回のショーはまさに「自動運転」元年と言えるかもしれない。

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。