TOYOTA GAZOO Racingが「GRスーパースポーツコンセプト」を東京オートサロンで初公開!

早いもので、もうすぐ2017年もお仕舞い。2018年がやって来ます。クルマ好きにとっては、年初と言えば”東京オート―サロン”!2018年も開催されます(1月12日から14日の3日間、12日は報道関係者招待日)。

そして先日、TOYOTA GAZOO Racingが出展概要を発表しました。注目モデルが出て来そうですので、ご紹介しましょう。

出展テーマは”Meister’s Workshop”

TOYOTA GAZOO Racingの出展テーマは「Meister’s Workshop(マイスターズワークショップ)」。様々なモータースポーツへの挑戦と、その挑戦から生み出された数々のクルマを紹介します。

そして、本イベントのキーワードである”カスタマイズ”する楽しさも訴求。クルマがこれからももっとワクワクする存在であり続けることを伝えてくれるそうです。

GRスーパースポーツコンセプトが初公開予定!

さて、そんなTOYOTA GAZOO Racingですが、注目車両は「GRスーパースポーツコンセプト」。

本稿執筆時点ではこの画像しか公開されていませんが、やたらと低いシルエットに巨大なホイールアーチ、徹底的に空力を考慮されたデザインはWEC(世界耐久選手権)車両を彷彿とさせるのですが、公式リリースにも……

モータースポーツ活動で培われた技術のフィードバックの一つの形として「WECへの参戦活動が生かされたコンセプトカー(GRスーパースポーツコンセプト)」を展示します。

と記載されています。コレは是非、見てみたいモデルです!

GRシリーズの頂点もが公開される!

また、市販車として2017年秋に発表された”GRシリーズ”のなかから「86GR」や国内150台限定販売の「ヴィッツGRMN」も展示されます。

当サイトでは記事にしていませんでしたが、”GRシリーズ”というのは、GAZOO Racing Companyが手がけるトヨタのスポーツカーシリーズのこと。

同シリーズの頂点に立つ「ヴィッツGRMN」は要注目モデルです。「モータースポーツからの還元」をコンセプトに世界一過酷とされるドイツ・ニュルブルクリンクでのテスト走行や、全日本ラリーに参戦しているヴィッツからの知見を盛り込んで開発。

スーパーチャージャーを搭載した直列4気筒1.8Lエンジンは、パワーとアクセル操作に対するレスポンスを両立しています。

基本剛性の高い欧州製の3ドアを採用し、タワーバー(フロント)やブレースの追加によりさらなる高剛性を実現したボディに……

様々な路面に対応できるよう専用チューニングされたSACHS(ザックス)製アブソーバー、トルセンLSDなどにより、サーキットから一般道まで意のままに操れる走りを可能としています。

また専用のT-ConnectナビゲーションとTOYOTA GAZOO Racing Recorderを同時装着することで、サーキットでのラップタイム計測や走行データ分析などができる機能も用意しています。

レーシングマシンも多数展示!

そのほかにも、「ヤリスWRC」、「TS050 HYBRID」など、モータースポーツ参戦車両が多数展示されるそうですから、カスタムカー好きのみならず、各種モータースポーツ好きにとっても、是非拝んでみたい車両があることと思います。

TOYOTA GAZOO Racingの出展情報は随時更新されますので、本記事末尾の参考欄にリンクをはっておきますので、是非ご覧ください。これは年初から忙しくなりそうです!

参考-TOYOTA GAZOO Racing
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。