バイクショップがクルマをカスタムするとこうなる!【東京オートサロン2016】

神奈川県にあるバイクショップ「BALLY HOO」がカスタムを施した「BALLY HOO CONCEPT-RAY」。バイク屋さんがクルマのカスタム?と疑問を抱かれる方も多いだろう。しかし、実際に見事にカスタムを施されているので紹介したい。

ベース車輛はルノーのスポーツカーだ

ベース車輛となっているのはルノー「Sport Spider」というツーシーターのスポーツカーだ。正直、面影はまるで残っていないので「BALLY HOO CONCEPT-RAY」から連想するのは難しいかもしれない。

コンセプトはイトマキエイ

このボディパネルは、FRPとカーボンのワンオフで、内装もワンオフで作られている。注目したいのはライト部分で、何とヤマハの「YZF-R1」のヘッドライトを流用しているそうだ。また、ブレーキランプには日産「ジューク」のランプを逆さまに取り付けて流用しているのだとか。

そして、特徴的なエクステリアデザインのリアは、「BALLY HOO CONCEPT-RAY」のコンセプトである”RAY=イトマキエイ”をイメージし、複雑な曲面を描いているのだという。

そもそも、このクルマ自体がカスタムバイク深海魚シリーズのクルマ版と定義付けられて作られているのだ。やはり、バイクショップがカスタムを施したクルマはひと味違う。こういったクルマを拝めるのも、東京オートサロンの楽しい一面と言えるだろう。

車両画像 -BALLY HOO、参考画像 – Flickr : nakhon100

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。