バットモービル仕様のランボルギーニ「ガヤルド」が 公道スーパーカーレースに出場!?

アメコミや映画でおなじみのスーパーヒーロー『バットマン』の愛車「バットモービル」が公道レースに出場しちゃった!というウソのようなホントの話。

このマシンは、ヨーロッパで毎年行われている公道レース”ガムボール3000″出場用に、サウジアラビアのTeam Galayが製作したもの。

ベースマシンはランボルギーニ「ガヤルド」

スクリーンショット 2016-05-10 11.26.57

ベースマシンはランボルギーニ「ガヤルド」。500馬力を発揮する5.2リッターV10エンジンを搭載したスーパーカーだ。ボディは全てカーボンファイバー製のワンオフものに変更。全長は約6m、全幅は約3.6m。ホイールには26インチを採用し、ホイールのディスク面にはメカニカルなデザインのカバーも装着。しかも、このカバーには、走行中も固定され回転しないようなギミックも施されている。
スクリーンショット 2016-05-10 11.28.58
このクルマにはドアがなく、フロントボンネットからルーフに掛けた部分が一体型のキャノピーになっていて、乗り降りはそれを上げて行う。また、バックミラーはフロントフェンダー内に内蔵。ボディ各部に取り付けたカメラの映像をコクピット内のモニターで見ることで、後方や死角部分も見渡せる設定になっている。

『バットマン:アーカム・ナイト』モデルのレプリカ

スクリーンショット 2016-05-10 11.31.20
ちなみに、映画などに出てくる「バットモービル」にはいくつかのタイプがあるが、これはゲーム『バットマン:アーカム・ナイト』に出てくるモデルのレプリカだ。製作したTeam Galayは、今回の2016年レース以外でも、2013年の”ガムボール3000″で、クリストファー・ノーランが監督したバットマン映画『ダークナイト』3部作に出てくるタイプも製作し出場している。

ダブリンからブカレストまでを激走!

スクリーンショット 2016-05-10 11.32.56
ちなみに、”ガムボール3000″は、ヨーロッパの公道を使って3,000マイル(約4,828km)激走するレース。

元々は、アルマーニのモデルだった人物がはじめた公道ラリーなのだが、出てくるマシンがとにかく豪華。世界中からクルマ好きの富豪などが集まり、ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニにアストンマーチンなど、自慢のスーパーカーや高級車でエントリー。毎年、スピード違反で逮捕されるドライバーが出たり、事故が起こったりと、何かとお騒がせなレースなのだ。走るルートは毎年違うのだが、2016年は5月1日にアイルランドのダブリンをスタート、5月6日にルーマニアのブカレストでゴール。「バットモービル」号も見事完走している。

このクルマを紹介した動画もあるので、そのフォルムや排気サウンドをぜひチェックしてみて下さい!

いかがだったろうか。「バットモービル」が思いのほか完成度が高くて驚いたのでは? こんなユニークなクルマが走るレースも見てみたいものです。

参考ーLamborghini Gallardo Batmobile(HI CONSUMPTION)The NEW Team Galag Batmobile | Gumball 3000 2016 

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。