メルセデスベンツが電気自動車オンリーの新ブランド「EQ」発表!第一弾はSUVクーペ

世界的に強化が進んでいるクルマの排ガス規制。特に、ヨーロッパはあのフォルクスワーゲンでさえ不正(2015年にディーゼル車の排ガス値偽造が発覚)してしまうほど厳しいだけに、各メーカーもその対策には頭を悩ませているようです。

そんな中、メルセデスベンツが、開催中のパリモーターショー2016(一般公開2016年10月1日〜10月16日)で、電気自動車の新ブランド「EQ」を発表。新ブランドから出る第一弾モデルのコンセプトカーを発表しました。

スポーティなSUVタイプ


「ジェネレーションEQ」と名付けられたこのクルマは、写真を見れば分かる通り、SUVクーペモデルです。

クロスオーバーSUVとも呼ばれ最近人気のこのスタイルは、クーペのスタイリッシュさとSUVの便利さを融合しているのが特徴。レンジローバーのイヴォーグクーペやミニのペースマンなどが有名ですね。このスタイルのSUVは、今後も各社から登場するという噂がたくさんあり、今のクルマのトレンドとも言えます。

2つの電動モーター搭載

そんな流行のスタイルを電気自動車に投入したのが「ジェネレーションEQ」です。

パワートレインとなる電動モーターを2つ搭載し、4輪駆動方式を採用。電気自動車の場合は、どうしても走行できる距離が短いという問題がありますが、このモデルは満充電での航続距離が500km以上! 最高出力も、最もパワフルなバージョンで310kW(約408ps)を発揮し、0-62mph(約0-100km/h)を5秒以下で駆け抜けるというから驚きです。スピードに定評があるアメリカの電気自動車テスラといい勝負をしそうですね。

非接触充電も可能

充電方式は、オーソドックスなプラグを電源に差し込む方式のほかに、ワイヤレスの非接触充電も可能。電源コードを取り出す手間などが省けます。

また、インテリアはホワイト&ブラックを基調としたカラーで統一。ダッシュボード中央に24インチのスクリーンを装備するほか、ハンドルにもOLEDスクリーンを採用。クルマの様々な操作や情報の入手が、手元で素早く行えるようになっています。

これら最新テクノロジーの採用で、新ブランド「EQ」のコンセプトである「エレクトリック・インテリジェンス」を体現するのがこのクルマなのです。発売時期などはまだ未発表ですが、これはなかなか期待できそう。スタイリッシュでエコ、しかも速い! これが今後クルマの新しいキーワードになりそうですね。

参考 – Generation EQ previews Mercedes’ all-electric car brand(ACQUIRE)
平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。