エルヴィス・プレスリーの愛車BMW「507」をフルレストア!

BMW「507」をご存知でしょうか? BMWが1956年から1959年にかけて製造していた2シーターのカブリオレで、エルビス・プレスリーの愛車だったとしても知られています。

今回はそんなエルヴィス・プレスリーの愛車、BMW「507」についてご紹介いたします。

エルヴィス・プレスリーの愛車を納屋で発見

007a_Header-Elvis-intro-507

2014年、BMWコレクターとして知られるジャックキャスター氏の納屋の中で、一台のBMW「507」が発見されました。

この車両、実は過去にあのエルヴィス・プレスリーの愛車であったことが、シャシーナンバーなどから判明します。ちなみにシャーシナンバーは”70079″です。

エルヴィス・プレスリーがドイツ駐留時に購入

こちらの「BMW 507」は、エルヴィス・プレスリーがドイツ駐留時に購入したというもので、兵役の後に一緒にアメリカに持って帰ったものの、その後すぐに売却されたといいます。1968年にBMWコレクターのジャックキャスター氏が購入し、納屋の中で保管されているのを発見されたそうです。

BMWのクラシックカーチームがフルレストアを開始

発見された車両は、BMWのクラシックカーチームがレストアして蘇らせるべく、ドイツのBMWに送られましたが、写真を見ても分かる通り、ヒドい状態でした。

ボディは劣化し、エンジンはシボレー製V8に載せ替えられ、改造されたサブフレームまで修理が必要でした。インテリアも同様のヒドい状態で、フルレストアが必要でした。

ファンの口紅が原因でレッドにリペイント

また、この車両は新車から今までの間に8度も塗り直されていたため、その古い塗装を全て剥がさなければなりませんでした。ちなみに、エルヴィスが購入した際は、本来のカラーであるホワイトでしたが、ファンが口紅でメッセージを書き込むことに辟易し、レッドに塗り替えたという逸話も残されています。

レストアの様子

BMWのクラシックカーチームを持ってしても、復元するのはかなり大変だったようです。それでも、エンジン、塗装、シャーシなどをオリジナルの状態に再構築していったようです。

復原されたBMW「507」

Elvis-Presley-BMW-507-REVIVED-012

Elvis-Presley-BMW-507-REVIVED-010

Elvis-Presley-BMW-507-REVIVED-013

フルレストアされたBMW「507」です。本来のカラーであるホワイトにペイントされました。非常にエレガンスな姿を取り戻しています。

エンジンも元々、積まれていたBMW製V8エンジンを組み上げ、本来の姿に戻されました。

朽ち果てていたインテリアも完全に復元されています。さすがBMWのクラシックカーチームがレストアしただけのことはありますね。

ペブルビーチ・コンクール・デレガンスに展示される

かくしてBMWクラシックカー部門は、このクルマをオリジナルの状態に復元しました。フルレストアされたエルヴィス・プレスリーの愛車だった「507」は、BMW創立100周年を記念して、今年の8月21日に行われるペブルビーチ・コンクール・デレガンスに展示されることとなっています。

BMW「507」について

BMW「507」は、元々、安価なスポーツカーを目指していましが、開発費がかさみ、結果、当時の高級車メルセデスベンツ「300SL」と変わらない高価格車となってしまい経営不振を招き、総生産台数は僅か252台で生産終了となった悲運のクルマです。しかし、そのオーナーにはエルヴィス・プレスリーやアラン・ドロンといった、世界的なスターが含まれていたりもします。

3.2LのV型8気筒 OHV NAエンジンを搭載、キャブレターを2基とし、最高出力150hp / 5,000rpm、最大トルク24.0kg / 4,000rpmを発揮しました。トランスミッションは4速MTで、最高速度は時速200キロと発表されています。当時からすれば、かなりの高性能車だったんですね。生産台数の少なさも手伝って、現在ではかなりのコレクターアイテムとなっているようです。

ましてや、エルヴィスの愛車だったこちらのシャーシナンバー”70079″など、天文学的な金額になっても不思議はないですよね。あのロックスターの愛車だったBMW…、一度でいいから実車を拝んでみたいものです。

参考 – BMWBMW 507

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。