至極のドライビングマシンは2018年リリース予定!BMW「コンセプト8シリーズ」は流麗なクーペ!

BMWモトラッドは近未来のシティコミューターとして電動スクーターの「Concept Link」を発表しましたが……

四輪のBMWの方は、より市販モデルに近いコンセプトカーを発表して、注目を集めました。今回は、その「コンセプト8シリーズ」をご紹介しましょう!

BMW「コンセプト8シリーズ」

コチラが、その「コンセプト8シリーズ」。このコンセプトカーが注目なのは、それが単なるデザインスタディではなく、来る2018年に登場予定の「8シリーズ・クーペ」のコンセプトカーとして発表されたためです。

BMWでは、“The NUMBER ONE > NEXT”戦略と銘打ち、ラグジュアリークラスで更にプレゼンスを高めることを目指しており、8シリーズはそれに資するモデル群と期待されています。

BMW取締役会長のクール―ガー氏は、

8シリーズは、常にスポーツ性能においてわが社の頂点であるばかりでなく、BMWらしい最上級なモデルでもありました。

と述べています。

エクステリアでは、クルマを知らない人が見てもBMWとわかるフォルムでありながら、クラシカルな古き良きデザインと、斬新さに満ちた新しいアイデアを各所に散りばめ、それらを見事に融合させています。

「コンセプト8シリーズ」の低く流れるようなシルエットは、力強さを表現しています。長く滑らかな曲線を描くボンネットからルーフへと続くラインは実に魅力的ですが、これはダイナミックさを表現しています。

対するインテリアはと言うと、ダイナミクスとラグジュアリーを融合させています。

シートには、ダークブラウンのメリノレザーを採用。

ダッシュボードを中心として、カーボンファイバーが採用されており、アクセントとしてアルミパーツが配置されています。iDriveコントローラーはスワロフスキーガラス製です。

1999年に初代が生産を終了して以来、途絶えて久しい8シリーズですが、2018年に再登場することで、約20年ぶりに復活を果たすことになります。

今のところ残念ながらスペック等は非公開ですが、これは期待が高まりますね。(筆者には縁のない)BMWの最上級クーペですが、今からワクワクして来ますね!

参考-BMW(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。