BMWが次の100年を目指す近未来カー3モデルを発表!

2016年3月で誕生100周年を迎えたドイツのBMWが、次の100年を見据えた新時代のコンセプトカーをこの度発表しました。

数多くのブランドを有する同社では今回、本家BMWブランドと設計や製造などを担当するロールスロイス・ブランドやミニ・ブランドから各1モデル、計3モデルを披露しています。BMWが描く未来のクルマとは一体どんなものでしょうか? ちょっとのぞいてみましょう。

2モードの自動運転が可能なBMWコンセプト

まずはBMWブランドから。「BMW Vision Next 100」と名付けられたこのモデル。エクステリアでは、BMWのアイコンとも言えるフロントグリルをクローム系カバーで覆ってより強調しています。ディカラーには熱伝導効率が高いカッパー(銅)色をとりいれることで、最近のトレンドである省エネをアピールしています。

タイヤ&ホイールが完全にボディから伸びるカバーで覆われているのも特徴的。フロントフェンダーには「ダイナミック・ホイール・アーチ」というシステムも採用しています。

これは、直進時はフェンダーのホイール・アーチが全閉となりボディラインと一体化。また、コーナリング時にはホイールの動きと連動してホイール・アーチが外側や内側に伸び縮みすることで、フロントタイヤへの空気抵抗を低減。さらなるエアロダイナミクスを追求したものです。

コンセプトカーにはほかにも、最近注目の自動運転機能も搭載。完全自動運転の「EASE(イーズ)」モードと、運転操作を自分で楽しめる「BOOST(ブースト)」モードを設定しています。

サイドウインドウの反射ガラスなどで、夏場など日射しが強い日に室内温度の上昇を約30%抑えるなどの細かい工夫も投入。見た目のインパクトだけでなく、快適性などにも十分考慮しているのが魅力です。

ロールスロイスはロングノーズ仕様

お次は、「Rolls-Royce Vision Next 100」。まるでスポーツカーのボディのようなロングノーズ化をされたボディが特徴的です。

こんな長いフロントフードを採用してるからには、さぞかし巨大なエンジンがはいっているのでは? と思ってしまいますが、実はここは全てラゲッジスペース。荷物がたくさん入れられる実用性を確保しているのです。

セレブ御用達の室内には、正面にカラフルなディスプレイ。これは、ホログラムを投影するもので、より立体的な映像をたのしむことが可能。こんな室内にゆったりと座り、映画や音楽PVなどのエンターテイメントを楽しんでみたいものですね。

ミニは自分だけの1台が作れる!?

最後はミニ・ブランドの「MINI Vision Next 100」。このモデルには、半透明のフロントフェイスやボンネットなどを採用して、やはり近未来感は満点です。

ミニのヴィジョンで注目なのは、ユーザーのライフスタイルに合わせたカスタマイズをより推進すること。クルマ全体を好みに合わせて変更することが可能らしく、もしこれが実現すれば、完全に「自分だけの1台」が作れることになります。それもかなり楽しみですね。

BMWが見すえる新しい未来のクルマたち、いかがでしたか?

どれも斬新なスタイルや機能を持つだけに、見ているだけでもワクワクしますね。さて、100年後の未来で実際は、どんなクルマが走っているのでしょうか? タイムマシンがあれば、見てみたいものです。

参考 – BMW’s Cars of the Future Are Weird as Hell, but We Can’t Look Away(THRILIST)BMW JAPAN
平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。