コレはEVホットハッチ!BMW「i3」にスポーティな「i3s」が追加された!

当サイトで幾つも紹介しましたが、フランクフルト国際モーターショーで幾つものEVコンセプトカーが発表されました。

2019年に発売予定!EVコミューター「Honda Urban EV Concept」は過去の名車を彷彿させる!

最もインパクトがあったのはホンダ!

往年の名車を彷彿とさせるEVコミューターのコンセプトカー「Honda Urban EV Concept」を発表しました。

スマートのEVコミューター・コンセプト!「Vision EQ fortwo」はカーシェアリングも視野に入れている!

スマートは、カーシェアリングを視野に入れたコンセプトカー「Vison EQ forwto」を発表。

そして、未完成モデルを緊急投入して来たのは……

Miniも2019年にEVをリリース!なのに「Mini エレクトリック・コンセプト」は未完成だった!

「Mini」でした!2019年にEVバージョンをリリースする、というから驚きです。が、「Mini」ならば、それも可能。何故なら、BMWグループの一員だから。

ユルユル対決!新しい「BMW i3」と「日産リーフ」を比較してみました!

ご存知の通り、”BMW”はヨーロッパメーカーにあって、既に「i3」を発売しており、”Renault”と並んでEVで先行しているのです。

BMW「i3s」はスポーティな上級バージョン!

そんなBMWのEV「i3」がモデルチェンジされ、新たに”ホットハッチ”と呼びたくなるスポーティな上級バージョン「i3s」を追加しました!

スポーティ・バージョンと呼ぶだけのことはあり、ベースモデル「i3」は最高出力125kW / 170hp、最大トルク250Nm(184lb-ft)ですが、「i3s」は最高出力135kW / 184hp、最大トルク270Nm(199lb-ft)を発揮します。

一方、エクステリアだけを見れば、前後バンパーが専用仕様とされていることと、旧モデルと比較して20mmワイドな専用アルミホイールが装備されている程度にしか見えません。が、実は……

実は専用スポーツサスペンションを装備。特別にチューニングされたスプリング、ダンパー、アンチロールバーを搭載しており、車高は10mm下げられています。

また新型「i3」と比較してトラックが40mm広げられており、パワートレインのアップデートを足回りの変更により受け止められる仕様とされています。

その結果、パフォーマンスを比較すると、「i3」が0~100km / h加速7.3秒、最高速度150km / hですが、「i3s」は0~100km / h加速6.9秒、最高速度160km / hと、向上しています。

バッテリー容量は33kWhであり、「i3s」の航続距離(新欧州ドライビングサイクル)は280kmと、若干ながら「i3」を下回ります。これは残念……

“コネクティビティ”がウリの「i3」・「i3s」では、10.25インチと高精細になったタッチディスプレイを装備しています。

BMW「i3s」のグローバル・リリースは11月!

いかがでしたでしょうか?環境に配慮した「i3」にスポーティ・バージョンとして投入される「i3s」。その実用性はまだまだ不安ではありますが、少なくともその姿勢では、他の自動車メーカーを凌駕していることが分かりますね。

参考-BMW(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。