BMW・Mアワード5年連続の授賞!マルク・マルケスが手にしたモデルとは!?

毎年行われているBMW・Mアワードでは、シーズン中に活躍した予選最速ライダーが選ばれ、5年連続マルク・マルケスが授賞しています。

MotoGPオフィシャルカーにもなっているBMW M社から副賞として贈られたのは、「BMW M4 CS」。

最高出力460ps?スーパースポーツカー並みの実力派モデル!

限定モデルとなる「BMW M4 CS」は、E30型のBMW M3エヴォリューションを受け継ぐスペシャルモデルです。軽量のカーボンファイバー強化樹脂をコンポーネントすることによって25%の軽量化を実現。低めに設定されたルーフは約6kg軽くなり、低重心化によって俊敏性を高めています。リアスポイラーの上のガーニーフラップにも、カーボンファイバー強化強化樹脂を採用。

高性能のエンジンは直列6気筒Mツインパワーターボで、最高出力460ps、最大トルク600Nm。スーパースポーツカーに匹敵するほどのパワフルなエンジンによって、時速100kmまでの到達時間は3.9秒、最高速度は280km / hを発揮します。

あの「M4」から受け継いだ設計だった!

鋳造ホイールには、Mライト・アロイホイール・Vスポークスタイリング763Mを標準装備。ドイツのツーリングカー選手権で好成績を残したマシンM4から設計されています。重量を最適化しフロントには263/35 R19、リアに285/30 R20をセッティング。オプションで、ミシュランスポーツタイヤの選択も可能です。

MサーボトロニックとアクティブMディファレンシャル、ダブルクラッチトランスミッションの連携によって、公道でも高いパフォーマンスを実現。専用にチューニングされた、アダプティブサスペンションを装備し、路面の状況や運転スタイルに応じて3つのモードからサスペンションの設定を選択することができます。

フロントの存在感だけじゃない!3D効果のLED搭載?

フロントには、ブラック仕上げのダブル・バーを装備したMキドニーグリル、ヘキサゴナルデザインのアダプティブLEDヘッドライトを搭載。フロントエプロンには、大型のエアインテークが装備されています。これによってエンジンやブレーキの効率的な冷却が可能に。さらに、カーボンスプリッターのダウンフォース効果によって、パワフルな走行を可能にしています。

軽量のMスポーツシートには、メリノレザーとアルカンタラ・アンソラジットを採用し、長距離のドライブを快適にしています。BMW M4 GTSと同じL型のテールライトは、最先端の有機LEDテクノロジーの3D効果によって、昼夜問わず圧倒的な存在感を放っています。

次のシーズンの授賞は、誰の手に。予選タイムから予測して楽しむのもいいですね。2018年MotoGP、第1戦から各チームの応援をしたいと思います。

参考-BMW
smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。