これは欲しい!クルマのパーツがオシャレな家具に早変わり!

先日、べスパのボディを流用したイス「SCHOOTER CHAIR」についてご紹介させていただいたが、今回はそのクルマ版的な再利用のお話をしようと思う。

単に廃車にするのはやりきれない!

愛車も古くなればいつかは壊れる。徹底的にレストアして蘇らせる方もいるだろうが、廃車にするという選択肢もあるハズだ。経済的、時間的、人それぞれに理由はある。しかし、単に廃車にするのはやりきれない!という方にオススメしたいのが、「Unibro Design」というオーストリアにある家具屋さんだ。

車のパーツが家具に生まれ変わる!?

この家具屋さん、何と古くなった車のパーツを改良して、家具にしてくれるのだという。写真はフォード「 ムスタング」のトランクリッドをテーブルにしたものだが、他にも様々な車種のパーツを家具へと再生させてくれる。

家具へと再生された例

アルピナのトランクリッドもテーブルとして再利用!

こちらはオペル・カデットですね。

エアクリーナーでランプとは、なんてオシャレなんだ!

モダンかつクラシカルな雰囲気がクール!

フォグランプもスタンドライトに!って、まぁこれくらいであれば想定の範囲内だが…。

スクラップとして鉄塊になるよりは、愛車を家具として再利用し、いつまでもともにありたいという方も必ずやいることだろう。デザイン的にもオリジナリティに溢れていて、どことなくお洒落だ。何よりも古いクルマのパーツは、それだけでも重厚感を漂わせてくれる。また、パーツ単体を取っておくだけだと家族に文句を言われる可能性大だが、家具として再生させれば、何も言われなくなるのでは?

ガレージや書斎などに置くことで映える旧車パーツを再利用した家具。一度は試してみたいものである。

というより、どこかクルマ屋さんで、こういったサービスをやってくれる方いませんかね?

参考 – Unibro Design

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。