コレは可愛い!コンパクトSUVのシトロエン「C3 エアクロス」はパーソナライズ性能が最高!

シトロエン本社が、新しい小型SUV「C3 エアクロス」を発表しました!今年2月に発表され、3月のジュネーブ国際モーターショーに初出品された「C エアーコンセプト」の市販バージョンです。

この「C3 エアクロス」が、なかなかに可愛らしいので、ご紹介しましょう!

「C3 エアクロス 」はパーソナライズ性能が自慢!

コチラが今回発表された「C3 エアクロス」。同社のコンパクトモデル「C3」をベースにした、小型SUVとなります。

リリースで猛プッシュされているのは、

全長4150mmのコンパクトボディにシトロエンの最新デザイン言語を表現している。

と記載されているエクステリア。前記の「エアクロス・コンセプト」と、クラシカル・シトロエンの優雅なデザインにインスパイアされた「C3 エアクロス」のエクステリアは、新しいながらも何処か懐かしい雰囲気を感じさせます。

8カラーも用意される豊富(かつポップ)なカラーラインアップに加えて、4種類のルーフカラーと90種類の外装の組み合わせが可能!

本車両がメインターゲットとしている若い世代に強く訴えるべく、圧倒的なパーソナライズ性能を誇ります。

C3のエンジン

さて、可愛さ命の「C3 エアクロス」ですが、念のためパワートレインなどもご紹介しておきます。今回発表されたヨーロッパ仕様は、ガソリンとディーゼルの両方が用意されます。

ガソリンエンジンは、最高性能バージョンには、PureTech 130エンジンと6速マニュアル・トランスミッションの組み合わせ。PureTech 110搭載モデルには、オートマチック・トランスミッションが搭載されるそうです。

一方のインテリアですが、コチラは今時の車両に相応しく、コネクティビティを追究した仕様とされています。

具体的には、ヘッドアップディスプレイの採用のほか、スマホのワイヤレス充電が可能とされているなど、4種類の最新コネクト技術を搭載しています。

また、12種類の運転支援システムを含む、ヨーロッパ最新の安全技術が採用されている点も見逃せません。

いかがでしたでしょうか?

ポップなエクステリアの小型SUV「C3 エアクロス」。残念ながら日本導入については本稿執筆時点では未発表ですが、こんなクルマをスニーカー的に乗りこなす生活に憧れる、赤貧の筆者がお届けしました!!

最後になりますが、シトロエン本社の公式YouTubeチャンネルに素敵な動画がアップされておりますので、ご興味のある方はどうぞ!

「C3 エアクロス」のスペック

  • 全長×全幅×全高:4,150×1,760×1,640mm
  • ホイールベース:2,600mm

参考-シトロエン(グローバル)、YouTube; New Citroën C3 Aircross Compact Suv Reveal
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。