ビッグトルクが故に悪路でスピンしがちなマッスルカー、ダッジ「チャレンジャー」の新型は安心の4輪駆動に進化!?

アメリカン・マッスルカー好きが憧れるクルマのひとつが、ダッジ「チャレンジャー」。初代は1970年に発売され大ヒット、往年のスタイルを彷彿とさせる現行モデルは、2008年から発売されている。

ビッグエンジンにビッグトルク、後輪駆動による強烈な加速感が持ち味だが、困ったことに悪天候では手に余る。路面がウエットや凍っていると、いとも簡単にスピンしてしまうからだ。

Dodge-Challenger-GT-AWD-Concept-2

そんな”暴れ馬”チャレンジャーの絶大なるパワーを、ガッチリと路面へ伝えられるAWD仕様のコンセプトカーが、アメリカで発表。全米のファンに注目されている。

馬力も447psにアップ

11月3日~6日、アメリカ・ラスベガスで開催された全米最大のアフターパーツ見本市、SEMAショーで発表されたのが今回のコンセプトカーだ。

クライスラーのスポーツカー系ブランド、Mopar(モパー)ブースに展示されたAWDチャレンジャー。AWDはAll Wheel Driveの略、つまり4輪駆動車のことだ。

外装には、Moper純正ワイドボディキットを装着。デストロイヤーグレーとマットブラックの2トーンカラーをペイントし、フロントグリルなどにはアクセントでヘッダーオレンジのラインなども施すことで、より精悍なイメージを生み出している。

Dodge-Challenger-GT-AWD-Concept-3

ベース車となったのは、5.7リッターHEMI V8エンジン搭載モデルだ。

パワーはファクトリーチューンのSCAT PACK 3パフォーマンスキットにより、375psから72psアップの447psに。トルクも410lb-ft(約56.68kgm)から454lb-ft(約62.76kgm)へ増大。強大なパワーをメーカー純正のAWDシステムで、路面にダイレクトに伝えることに成功している。

サスペンションもMoper製で、ストラットタワーブレイスも前後に装着してハンドリングの向上に寄与している。また、高剛性の20インチホイールもこのモデル専用だ。

Dodge-Challenger-GT-AWD-Concept-4

とりあえず今回は、コンセプトカーとして発表されたAWDチャレンジャーだが、その完成度から見ても、正式にリリースされる可能性は十分にある。

マッスルカー好きは、今後も注目だ!

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。