中年男子の腕のみせどころ!女性は”合流”、若者は”駐車”が苦手と判明

普段クルマに乗っているときに、「駐車ヘタだな」や「合流危なっかしいな」と思うことは多々ありますよね。

それもそのはず。パーク24が発表した「運転テクニック」に関するアンケートで、女性や若者が苦手な技能が浮き彫りになりましたので、ご紹介いたします。

3人に1人が自身の運転は「上手」と認識

中年男子の腕のみせどころ!女性は"合流"、若者は"駐車"が苦手と判明

まずは全年齢を対象に行った調査だと、3人に1人は自分の運転が「とても上手い」「まあ上手い」と考えていることが分かりました。

「上手い」と答えた人の約半数が一番得意な運転技能を「駐車」と回答しています。

運転頻度が月1回以上になると、「とても上手いと思う」「まあ上手いと思う」が「あまり上手ではない」「上手ではない」を上回る結果となりました。免許取得年数が30年以上になると4割以上が上手いと認識しており、「あまり上手ではない」と「上手ではない」をあわせ、下手だと認識している人はわずか6%にとどまりました。

やはり運転技能に対する自信は、経験がものをいうようです。ということは、休日くらいしか運転しない女性や、免許を取得してから比較的日の浅い若者は、必然的に運転に対して苦手意識を持っているようです。

苦手な運転は「バック」、女性は「合流」、20代は「駐車」

中年男子の腕のみせどころ!女性は"合流"、若者は"駐車"が苦手と判明

中年男子の腕のみせどころ!女性は"合流"、若者は"駐車"が苦手と判明

苦手な運転は「バック」が22%と1番多い回答となりました。男性に3倍以上の差をつけて女性が苦手だと回答したのは「合流」と「車線変更」。

また、年代別でみると60代以上では、「バック」が苦手と回答している人が他の年代よりも10%近く多く、20代では「駐車」に関して4人に1人が苦手、と回答しています。

60代でバックが苦手と答えている方は、加齢によって視野が狭くなったり体が硬くなるからでしょうか。20代の苦手な駐車は、やはり経験不足に起因するようです。

いかがだったでしょうか。外回り営業などで、部下の運転技能を含めた教育をしている場合は、運転を代わってしまうと本末転倒ですが、運転に関してなんらかの苦手意識を持っている女性や若者と同乗するシチュエーションがあった場合には、積極的に運転を代わってあげると、好感度アップにつながりますね。

【関連記事】

夜の営みで男性に処理して欲しいのはアソコだった!

あなたの家庭は大丈夫?愛されパパになる方法とは!?

日常に潜む浮気・不倫!サレないための5つの注意点とは?

セックス離れ?中年童貞?日本人1000人のセックスライフに迫る

単独バイク旅を楽しむ女性ライダーの魅力!

参考 – PR TIMES

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!