Red Bull「F1」10年の歴史を僅か1分の動画で学ぶ!

当サイトでも何かと取り上げる機会の多いRed Bull。今回はRed Bullにおける「F1」の10年間の変化がよくわかる動画を公開したので紹介したい。

F1の歴史はレギュレーションの変化とともにある

そもそも、F1のデザインの変化は、毎年のように変更されるレギュレーションにある。動画を見れば似ているようなF1マシンが、実は結構な変更を遂げていることがわかると思う。

2006年

2006年、それまで3,000ccだったF1のエンジンが、2,400ccのV8エンジンへと規定が変更された。その背景には、F1の参加費があまりにも巨額になったため、経費削減という目的で行なわれたという。

2009年

2009年、前後ウイングの大型化とディフューザーによるダウンフォース発生量の安定化が図られることとなった。それまでの流線形の複雑な形状だったウイングが、真っ直ぐでシンプルな形状となった。順位変動によるレースの活性化が目的だったという。

2014年

2014年、V8エンジンから過給機付きV6エンジンへと規定が変更された。エコカー主流のトレンドに影響を受けたという。

それでは、これら様々なレギュレーションの変化によってF1がどのような進化を遂げたのか。動画をご覧頂こう。

参考 – Youtube : 360° cockpit view | Fighter Jet | Patrouille Suisse – YouTube

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。