フィアット500が初のマイナーチェンジ!いったいどこが変わったのか?

アルファメロオ/フィアット、クライスラー/ジープ、アバルトなどを取り扱うことで知られるグローバル企業、FCAジャパンは、この度、フィアット「500」をマイナーチェンジし、2016年1月23日より販売を開始すると発表した。

フィアット500がマイナーチェンジされるのは今回が初

フィアット500がマイナーチェンジされるのは今回が初となる。

変更点は、エンジンONで点灯するLEDデイライトが追加され、オーディオを5インチのタッチスクリーン仕様へアップグレード、センターコンソールにUSBと外部入力端子が装着される。エクステリアでは、ヘッドランプの形状がプロジェクタータイプに変更(ポップのみ)され、テールランプやフロント&リアバンパーの形状も変更された。

インテリアにも変更点が追加された

インテリアでは、ステアリングホイールのデザインが変更され、オーディオおよびハンズフリーのコントロール機能が追加された。ドリンクホルダーも改良され、グローブボックスが新たに設けられた。また、シートも従来よりもファショナブルなデザインに変更されている。

ボディカラーは全6色

ボディカラーは、限定車のみに設定していたミントグリーンとカントリーポリタンイエローを新たに加え、ボサノバホワイト、パソドブレレッド、アイスホワイト、ブルーヴォラーレの全6色が設定された。価格は199万8,000円から279万7,200円。

日本でもユーザーが多い車種だけに、これからの動向が気になるところだ。

参考 – FCAジャパン

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。