23トンの重量にも耐えられるフォード「F−150」のフレームが無駄に強靭!

以前、フォードが日本から撤退するという悲報について紹介させていただいたが、今回はそのフォードのクルマが大活躍する動画について紹介したい。

圧倒的な強靭さと強力なパワーが人気の「F−150」

フォードが発売する「F-150」は、今、アメリカで最も売れているピックアップトラックだ。圧倒的な強靭さと、強力なパワーが人気の秘訣だという。

そして、そんな「F-150」の強靭さを証明するため、ある動画をフォードが公開した。その動画がとにかく凄いことは間違いないのだが、そのベクトルが斜め上をいっているので是非ご紹介したい。

「F−150」のボディフレームをクレーンに吊るして…

工事現場にある220フィートもの高さを誇るクレーンに吊り上げられているのは「F−150」のボディフレームだ。95%が高強度スチールで作られており、かなり頑丈に作られているという。このボディフレームの強靭さを証明するべく、8台の「F-150」を次々と吊り下げていくというのだ。ちなみに「F-150」1台の重さは約2,132kgとなる。

「F−150」を8台吊るしても大丈夫!

次々と訪れた「F-150」を吊り下げていき、何と8台全てを吊るすことに成功。その合計重量は17トン以上にも及ぶ。さらに驚くべきは、それでもボディフレームは歪みひとつ起こらないのだ。ゾウが踏んでも大丈夫、100人乗っても大丈夫どころの騒ぎではない!

トドメにフォード「F-750」が登場

そして、トドメと言わんばかりに、フォード「F-750」トラックが登場。車両重量は約6,196kg、ゾウよりも大きいガチなトラックだ。すでに17トン以上もの重さを吊るしているボディフレーム。いかに95%の高強度スチールを誇るボディフレームも、もはやこれまで…と思いきや、6トン超の「F-750」を追加して、ゆっくりと引き上げていく。

ついに総重量23トン以上の重さに耐え抜いてしまう

そして「F-750」の吊り上げにも成功。総重量23トン以上の重みにも、ボディフレームはビクともしない。まさに不死身のフレームの誕生である。それでは、屈強すぎるF-150の動画を堪能していただきたい。

いかがだったろうか。「F-150」の強靭さ、頑丈さがもの凄くストレートに伝わったのではないだろうか。

ただし、そこまで頑丈な必要があるのだろうか?と思った方もいることだろう。筆者もそうなのだから間違いない。タフさは男にだけ求められるのではなく、ピックアップトラックのフレームにまで求められるのがアメリカ流だと、改めて感じさせてくれた動画であった。

参考 – Youtube : 2017 Super Duty Frame Stunt

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。