水素で走るエコなFCV(燃料電池車)も新型やプロトが登場! 【東京モーターショー2015】

水素と酸素と化学反応させることで電気を作り、電動モーターで走るFCV(燃料電池車)。

今年、トヨタからMIRAIが発売されるなど、最近特に注目されている次世代ビークルで、今開催中の「東京モーターショー2015(10月30日~11月8日・東京ビッグサイト)」でも、各メーカーが意欲作を出展している。

どんなモデルが出ているか、ちょっとのぞいてみよう。

「LF-FC」はレクサスの次期フラッグシップ

上のメイン写真で紹介しているのが、トヨタの高級車ブランド「レクサス」から登場したFCVのコンセプトカーだ。

th_1H3A3730
次期フラッグシップとして出展された「LF-FC」は、フロントフェイスにおなじみスピンドルグリルを採用、全長5,300mm×全福2,000mm×全高1,410mmの大型セダンボディは、ラグジュアリー感も満点だ。

高出力のFCスタックやパワーコントロールユニットは、エンジンコンバートメント内に配置。メインの駆動はリヤタイヤだが、フロント2輪にインホイールモーターを搭載することで、4輪駆動仕様に。前後の駆動力制御をきめ細かく行うことで、高次元で安全な操縦安定性も実現する。

ほかにも、自動運転技術やドライビングをサポートする次世代マシンインターフェイスなども採用。レクサスの旗艦にふさわしい、最先端かつ充実の装備が投入されるそうだ。

コンパクトなシティコミューター「FCV PLUS」

th_1H3A3747
トヨタから出展されたのは、都市部での使用をイメージしたFCV小型コミューターだ。

水素と水で電気を発電するFCスタックを小型化することで、軽量・コンパクトな車両サイズを実現。ボディサイズは、全長3,800mm、ホイールベース3,000mm、全高1,500mmで、小型のFCスタックはフロントタイヤ間に、水素タンクはリヤシート後方にレイアウト。4輪インホイールモーターの採用で、走行性能もなかなかだ。
TOYOTA_FCV_PLUS_005_s
インテリアには、軽量・高剛性の3D骨格構造も採用し、内装トリムやシートデザインも斬新だ。

TOYOTA_FCV_PLUS_010_s
フロント床下やリヤタイヤ側面には、非接触給電パネルも装備する。これにより、「FCV PLUS」にためた電気を、家や他のクルマ、様々な社会インフラへ給電することも可能だ。クルマに新たな価値を創造する、まさに新世代のコミューターだと言えよう。

TOYOTA_FCV_PLUS_011_s

市販予定のFCV「CLARITY FUEL CELL」

1H3A3436

すでにお伝えした通り、今年発売されたトヨタのMIRAIに続き、ホンダからもFCVの市販モデルが登場した。

1H3A3398

全長4,895mmのセダンボディを持つ「CLARITY FUEL CELL」。注目は、世界で初めて燃料電池パワートレインをセダンタイプのボンネット内に配置したことだ。

そのために、燃料電池スタックや発電システムを小型化、燃料電池パワートレイン自体も3.5L・V6エンジン並みの大きさとすることに成功。大人5人がゆったりと座れるインテリアを実現している。

1H3A3406
また、ホンダセンシングなどの運転支援システムも標準装備し、安全性も考慮。FCVにためた電気を家電などの電気器へ供給できる外部給電器「パワーエキスポーター9000」と組み合わせれば、アウトドアなどレジャーユースはもちろん、停電時の非常電源としてクルマを使えるなど、新しい提案がなされている点も注目だ。

価格は766万円。2016年3月より国内でリースを開始、その後順次一般でも販売する予定だ。

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。