アプリやGPS情報などハイテクで楽しむ! 最新カーパーツ厳選3【東京オートサロン2016】

千葉県・幕張メッセで、2016年1月15日〜1月17日に開催された「東京オートサロン2016」。

世界最大級のカスタムカーショーであるこのイベントでは、毎回数多くのカスタム車両が展示されるほか、パーツも注目の新作などがずらり! その中で、特に気になった3アイテムを紹介しよう。

アプリでエアサス車の車高をコントロール

ASR682

Data Systemから出展されていた「ASR682-i」は、純正でエアサスやアクティブサスを装着した車の車高を、iOSアプリで遠隔操作できるコントローラーだ。

メイン画面

このユニットの使い方は、まず専用ハーネスなどでクルマに接続。

自分のiPhoneやiPadなどに、専用アプリ「ASR682アプリ」をインストールすればOKだ。

車高操作
ユニットとスマホはBluetothで接続、双方向通信で様々なコントロールが可能だ。

主な機能は以下の通り。

  • 16段階の「車高設定」+極限のローフォルムを実現する「スーパーLOW」
  • 車高の左右の傾きを調整できる「左右バランス調整」
  • 好みの車高を記憶できる「ハイトメモリー」
  • 各サスペンションの車高状況が分かる「ハイトモニター」
  • 各輪のエアバルブやコンプレッサーを監視する「バルブモニター」
  • 法規で決められた最低地上高を保つ「保安基準モード」

ハイトモニター
発売は2016年1月の予定。価格は本体7万5,000円(税別)。車種別ハーネスが1万3,000円〜2万5,000円(税別)。Andorid版も現在開発中だ。

th_1H3A7284c

排気サウンドをGPS情報でコントロール

th_1H3A7160

マフラーメーカーのFUJITSUBOが出展していた「AUTHORIZE V」は、GPSで車速を検知して、排気サウンドをオートコントロールするというアイテムだ。

th_1H3A7133
仕組みは、まずマフラーの消音ユニットを二重構造にし、排気音を大幅に軽減する消音ユニットと、ストレートに排気する消音ユニットを設定。ストーレートな排気をする消音ユニットの入り口には、排気バルブが設けてある。

th_1H3A7153
で、ここからがポイント。排気バルブ開閉の制御がキモになる。

GPSで車速を検知するコントロールユニットが、低速時にはバルブを閉じ、排気音量を低減。高速時にはバルブを開けることで、スポーティな排気サウンドを奏でることができるのだ。

th_1H3A7139

高速走行でのバルブオープン時でも、音量自体は法律に定められた音量以下なので、なんらかの原因でシステムが故障しても、違法な音量になる心配はない。価格は対応車種で違うが、86やBRZ用の場合で15万6,000円(税別)だ。

th_1H3A7148

スポーティな排気サウンドが好きだが、住宅街などを走るときはご近所の迷惑を考えると音量を落としたい…そんな”悩めるクルマ好き”にもってこいのマフラーだと言えるだろう。

スマホがクルマのメーターに変身!

th_1H3A7551

クルマ用計器メーターブランド「Defi(デフィ)」のブースで注目だったのは、「SMART ADAPTER W」というアイテムだ。

これは、クルマに搭載されたOBD Ⅱと接続して、スマートフォンやタブレットにインストールしたアプリ上に、クルマの情報を表示できるユニットだ。

ちなみに、OBD Ⅱとは、クルマの自己車両診断システムのこと。このユニットからは、エンジン制御情報やGPS位置情報なども取得することができる。
th_1H3A7548
アプリで表示できる主なものは以下の通りだ。

  • 車速
  • エンジン回転数
  • 水温
  • 電圧
  • スロットル開度
  • 過給圧(ターボ車の場合)

th_1H3A7542B

また、GPS情報を使い、サーキットで周回タイムやコーナー速度などを記録する、データロガー的な使い方も可能。

対応するOSは、iOS7以降と、Android2.2以降。価格は1万7,000円(税別)から。

th_1H3A7552

表示Andoridのみに対応するSMART ADAPTER(1万円税別)もある。

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。