ホンダが2017年SUPER GTシリーズに参戦予定の「NSX-GT」を公開!

ホンダが、2017年のSUPER GTシリーズGT500クラス」に参戦予定の新しい「NSX-GT」を公開しました!

画像とスペックを中心に速報的にご紹介しましょう!

ベースとなったのは市販車「NSX」

コチラがベースとされた、2016年8月に発表されたばかりのスーパースポーツモデル「NSX」。最新技術「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」の採用により、エンジンだけでは達成することが難しい高いレベルのレスポンスとハンドリング性能による、新たな走りの喜びを実現しています。

コレがNSX-GTだ!

そしてコチラが今回発表された「NSX-GT」。もちろんレース専用車両です。

Conceptから進化した真のフラッグシップスポーツ「NSX-GT」が、2017年シーズンのSUPER GTに復活するワケです。ベース車両「NSX」の特徴であるヘッドライトやミッドシップレイアウト特有のルーフのスラント形状、フローティングCピラーなど、造形の美しさと高い動力性能を視覚的に表現したデザインを継承しています。

高い空力性能とデザイン性を両立した市販モデル「NSX」のエクステリアを継承しつつ、そのうえで2016年に対して25%のダウンフォース削減を図った2017年のGT500車両規則に準拠しています。

パワーユニットには、レース専用に開発した2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンをミッドシップに搭載しています。その最高出力は600馬力オーバーです!

「NSX-GT」は既に大分県のオートポリスでシェイクダウンを完了しており、2016年シーズン最終戦の舞台となる栃木県の「ツインリンクもてぎ」にて、2016年11月11日(金)に開催予定の「2017年SUPER GT GT500車両記者発表会」で、公開される予定です。

ウェブサイトにて動画が公開予定ですので、ファンの方は覗いてみてくださいね!

NSX-GT のスペック

  • 全長×全幅:4,650× 1,950mm
  • ホイールベース:2,750mm
  • 車両重量:1,049kg以上(ドライバー、フューエル含まず)
  • エンジン種類:水冷直列4気筒縦置インタークーラー式ターボエンジン
  • 弁機構:DOHC ギヤ駆動 吸気2・排気2
  • 総排気量:1,995cc
  • 最大出力:440kw(600ps)以上
  • 使用燃料種類:無鉛プレミアムガソリン
  • 潤滑方式:ドライサンプ方式
  • タイヤ:前300-680 R18、後320-710 R18
  • ブレーキの種類・形式:前後油圧式ベンチレーテッドカーボンディスク
  • サスペンション方式:前後ダブルウィッシュボーン式
  • スタビライザー形式:前後トーションバー式

参考 – ホンダ「NSX-GT」
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。