マツダに続いてホンダも大英断!今なお愛さていれる名車「ビート」の純正部品が再生産されるぞ!

つい先日、マツダが初代ロードスター用パーツの再生産と、正規ディーラーにおけるレストア・サービスを開始する、という記事を掲載しました。

マツダの大英断!初代「ロードスター」のレストアサービス開始を公式リリース!

これまで”釣った魚に餌やらない”的なツレナイ態度を頑なに守り続けた国産メーカーにあって、短期的には利益にならないこの類のサービスをマツダが始めてくれたことに感動を覚えたものです。

ところがなんと、ホンダが「ビート」用純正パーツの再生産を開始すると発表したのです!

ホンダ「ビート」は新しいコンセプトの軽スポーツカー!

ホンダ「ビート」は、1991年に販売開始し、1998年に惜しまれながら生産が終了された名車です。

まずは軽く「ビート」を復習しておきましょう。

ホンダ「ビート」は、軽乗用車として初めてエンジンを座席後部に搭載し、後輪を駆動するミッドシップエンジン・リアドライブ方式(MR)と2シーター・フルオープンボディを採用した、新しいコンセプトの軽スポーツ。

ご覧の通り、「S660」が発売された今見てもなお斬新かつキュートなエクステリアと……

実用的かつ、これまたキュートなインテリアを有した、軽でありながらスペシャリティ・モデル、という、発売当時から稀有な存在でした。

ライトウエイト・ミッドシップのシャープな走りと高い燃料経済性を実現した、新開発の軽量・コンパクトな660MTREC(エムトレック)3気筒12バルブエンジンを搭載。F−1エンジンのテクノロジーから生まれた、吸気効率を飛躍的に向上する「多連スロットル」と、シャープなスロットルレスポンスと安定したアイドリングを両立する「燃料噴射制御マップ切り換え方式」を組み合わせた画期的なエンジンコントロールシステムを採用していました。

大容量エアクリーナーケースやテーパーポートのインテークマニホールド、大流量排気系など数々の高回転・高出力化技術の採用と相まって、660cc自然吸気エンジンでありながら最高出力64PS / 8,100rpm(ネット値)のハイパワーを達成していました。

駆動性能、ブレーキ性能、操縦安定性に優れたMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)方式を採用していたのも「ビート」のユニークな点。コンパクトなボディサイズでMRを成立させるため、工夫をこらしたレイアウトパッケージングにより、重心高440mm(空車時)という極めて低重心で、前後重量配分43:57(1名乗車時)の理想的なボディバランスを実現していました。

サスペンションは、フロントにストラット、リアにデュアルリンクストラットを採用し、MRの優れた運動性能を最大限に引き出せるようジオメトリーを最適に設定していました。

タイヤは前後で異なるサイズ(フロント:155 / 65R13R・リア:165 / 60R14)を組み合わせて、直進安定性、旋回性能を向上。軽自動車では初めての4輪ディスクブレーキを採用し、優れた制動性能を発揮していました。

ホンダ「ビート」用純正パーツの再生産が開始される!

そんなホンダ「ビート」ですから、今なお多くの車両が走り続けているワケで、それを知るホンダが大英断を下しました!ご覧のような専用ウェブページを開設して、純正パーツ再生産をアナウンスしたのです。

今回再生産が発表されたのは上掲の4点のうちのスモールパーツですが……

Hondaとしても「ビートをより長く楽しんでいただきたい」という想いで、
この度、一部純正部品の生産を再開することを決定しました。
生産再開が決定した部品から順次公開致しますので、
是非、Honda純正部品をご使用ください。

とのことですので、今後さらに再生産されるパーツが追加されるに違いありません。

コレは「ビート」オーナーならずとも嬉しいことです。日本でもクルマ文化が深化しつつありますね!

ホンダさん、ありがとう!「ビート」オーナーの皆さん、おめでとう!!

参考-ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。