世界初公開となるHONDAのコンセプトモデル「Honda Project 2&4 powered by RC213V」

ホンダは、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー2015にて、コンセプトモデル「Honda Project 2&4 powered by RC213V(ホンダプロジェクト2&4パワードバイRC213V)」を世界初公開する。

ホンダプロジェクト2&4とは?

4150909_001H

「ホンダプロジェクト2&4」は、世界にあるホンダの二輪車・四輪車のデザインスタジオから80名以上のデザイナーが参加して行われた社内コンペティション「グローバルデザインプロジェクト」で選ばれたコンセプトモデルだ。

4150909_002H

1960年代のF1世界選手権に参戦していたマシンをモチーフにしたデザインで、ミッドシップエンジンレイアウトを持つ四輪車でありながら、二輪車のようなフレームとボディーカウルによって構成されるボディー構造や、むき出しのフローティングシートにより全身でオープンエアーを体感できる運転席など、二輪車の開放感と四輪車の運動性能を兼ね備えているのが特徴。

4150909_004H

4150909_005H

エンジンは、FIMロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦している競技専用車「RC213V」の公道仕様車「RC213V-S」に搭載されている999ccV型4気筒エンジンを採用。1万3,000回転で215馬力の最高出力を発揮する二輪車ならではの高回転エンジンに、専用開発の6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)がセットアップされている。

RC213V-Sとは?

640x454ximage02-640x454.jpg.pagespeed.ic.5gI0lw1ajW

「RC213V‐S」は、これまでのホンダがレース参戦で得た技術の市販車への還元ではなく、MotoGPに参戦するために開発したマシンを一般公道で走行させるという、新たな試みなのである。世界選手権レースに勝利するためには「世界一速く走るマシン」が必要だが、ホンダの考えとしては「マシンはライダーが操るもの」としており、「扱いやすさ=勝つために必要な手段」と位置付けている。言い換えるならば「世界一速く走るマシン=世界一操りやすいマシン」という思想である。

この「Honda思想」に基づいて開発されたのが「RC213V」であり、それを公道仕様車としたのが「RC213V‐S」である。

販売予定地域は欧州・米国・豪州・日本となり、メーカー希望小売価格(税込)は、欧州で18万8,000ユーロ、オーストラリアで24万4,000オーストラリアドル、アメリカで18万4,000ドル、日本では2,190万円となっている。

二輪車ベースのセッティングであれば、非常にスパルタンな乗り味なのだろうか。こちらのコンセプトモデル「Honda Project 2&4 powered by RC213V」についてはまだ詳細が発表されていないが、どのように市場にフィードバックされるのか、今後の展開から目が離せない。

ケーシー・ストーナーも驚いた!ホンダ「RC213V‐S」のポテンシャル

参考 – HONDA

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。