ホンダが新型クロスオーバー車「BR-V」のプロトタイプをインドネシア国際モーターショー2015に出展

ホンダは、インドネシアで8月20日〜30日まで開催される「インドネシア国際モーターショー2015」にて、インドネシア市場向けの新型クロスオーバー車のプロトタイプを出展することが明らかとなりました。

なお、新型クロスオーバーユーティリティビークルの名は「BR-V」で、Bold Runabout Vehicleの略とのこと。

クロスオーバーユーティリティビークル「BR-V」

ホンダが新型クロスオーバー車「BR-V」のプロトタイプをインドネシア国際モーターショー2015に出展!

BR-Vは、ホンダの新世代クロスオーバーユーティリティビークルとしてインドネシア市場に導入されます。

余裕のある最低地上高や、大径アルミホイール、スタイリッシュなルーフレールによって、力強いエクステリアデザインとするとともに、3列シート7人乗りの快適で広々とした室内空間を確保。さらに、1.5Lガソリンエンジンと先進のトランスミッションを搭載することで、スポーティーな走行性能と優れた燃費性能を両立しています。

インドネシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるピー・ティ・ホンダプロスペクトモーターの内田社長は、「このモデルは、インドネシアのお客様ニーズに基づき、タイとインドネシアの研究所で開発されました。その魅力的なデザインと価値により、インドネシアのお客様に愛されることを確信しています」とコメントしています。

BR-Vと聞くと、日本で販売されているクロスオーバー車「CR-V」との関連性を感じずにはいられません。また、「ヴェゼル」の中国以外の海外市場での車名「HR-V」も何らかの関連性を匂わせるネーミングですね。

CR-Vやヴェゼルに精悍さと上品さをアップさせたルックスのBR-Vから、今後も目が離せません!

【関連記事】

ランボルギーニのSUV「ウルス」がついに市販化決定!

メルセデス・ベンツの新型SUV「GLC」が世界初公開!

どんな車に乗るとモテるのか!? 女性のホンネを大調査!

夏にぴったりなMINI CROSSOVERベースの日本限定2モデル

ベンツが日産”ナバラ”をベースにピックアップを開発中!?

参考 – HONDA

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。