ジャガーから、高性能グレードの証である”SVR”を冠した「Fタイプ SVR」が発表!

イギリスを代表する高級車メーカーの一つ、ジャガー・ランドローバー社は、3月1日から開催されるジュネーブモーターショー2016でデビューを果たす予定のジャガー「Fタイプ」の高性能モデルである「Fタイプ SVR」を発表した。

「Fタイプ」の頂点に立つ高性能グレードモデル

「Fタイプ SVR」を端的に表すと「Fタイプ」の頂点に立つ高性能グレードモデルとなる。ジャガー・ランドローバー社の高性能モデルのブランドSpecial Vehicle Operationsとしては初の量産モデルだ。

最高速度はクーペタイプで約322km/h、コンバーチブルは約314km/h

最新のV8スーパーチャージド5.0リッターエンジンを搭載し、最高出力575hp、最大トルク71.4kgm。0-100km/h加速は3.7秒。最高速度はクーペタイプで約322km/h、コンバーチブルは約314km/hに達する。

従来のモデルに比べて25kgもの軽量化が施されている

エンジンの出力アップもさることながら、車両重量の軽量化にも注目したい。まず軽量チタンとインコネルエグゾーストシステムにより16kgを低減。すでに販売されている「Fタイプ R」に比べて25kgも軽量化されているのだ。さらにオプションのカーボンセラミックブレーキを用いることで、21kgの軽量化が可能となる。

エアロダイナミックウィングは自動で作動

可変式のエアロダイナミックウィング作動時は空気抵抗係数を2.5%、揚力係数を15%抑えることが可能だという。このウイングは速度がコンバーチブルなら約96.6km/h、クーペでは約113km/hに達するか、ダイナミック・モードを選択することで自動的に作動する。

高級車の高性能グレードに相応しく価格は1,779万円

高性能グレードの証である「SVR」を冠した初のジャガーとなる「Fタイプ SVR」。クーペとコンバーチブルの2車種が用意され、日本での発売は2016年秋からの予定となっている。気になる価格はクーペモデルのみが発表されている、1,779万円となっている。

それでは動画をご覧頂こう。

いかがだったろう。「Fタイプ SVR」の魅力が伝わったろうか? 男として生まれてからには、一度はこんな高級車を乗り回してみたいものである。

参考 – JAGUAR JAPAN、Youtube : Jaguar | The 200mph F-TYPE SVR

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。