ジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE」が待望の受注開始だ!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE」を、2016年1月29日(金)より、予約受注を開始すると発表した。

この「F-PACE」は、フランクフルト・モーターショー2013で発表したコンセプトカー「C-X17」をベースに、フランクフルト・モーターショー2015で実車を世界初公開。そして東京モーターショー2015で日本初公開されたジャガーの最新モデルだ。

ディーゼル・エンジンとガソリン・エンジンを搭載した全5機種をラインアップ

すでに全国限定50台の特別仕様車「F-PACE FIRST EDITION」に関しては2015年11月2日(月)より先行受注を開始しているが、日本市場向けにはINGENIUMディーゼル・エンジン搭載モデルの3車種と、ガソリン・エンジン搭載モデル2車種の全5車種がラインアップされる。

アルミニウムを使用した軽量モノコック車体構造

ボディには80%にアルミニウムを使用した軽量モノコック車体構造を採用しており、50:50にほぼ近い重量配分バランスを実現。

足回りにはダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションとインテグラルリンク式リアサスペンションを採用。様々なドライバー支援システムを搭載し、スポーティかつ快適な乗り心地と安定した走りを提供する。

「F-TYPE」由来のテクノロジーと力強いデザインを取り入れた

5人の乗員が快適に乗車できる室内空間と、650リットルものラゲッジルームを装備している。また、高速かつ直感的なタッチ操作が可能な10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」や、ドライバー専用のフルスクリーン・ナビゲーション・ディスプレイとしても活用できる12.3インチTFTインストルメント・クラスター、セグメント初となるウェアラブル技術を活用したアクティビティキー(オプション)を採用するなど、最新技術も積極的に取り入れている。

エクステリアカラーは全15色から選択可能

エクステリアカラーは15色から選択可能となっている。ラインナップは下記の通りだ。

ポラリス・ホワイト、エボニー、アルティメットブラック、ダークサファイヤ、グレーシャーホワイト、オデッセイレッド、クオーツァイト、ロジウムシルバー、アンモナイトグレイ、ブリティッシュレーシンググリーン、イタリアンレーシングレッド、シージアム・ブルー、テンペストグレイ、ストームグレイ、インゴット。

F-PACEのラインアップ

<INGENIUM(インジニウム)ディーゼル・エンジン搭載モデル>

F-PACE PURE:2L直列4気筒ターボチャージド8AT、180PS・430Nm、639万円(税込)

F-PACE PRESTIGE:2L直列4気筒ターボチャージド8AT、180PS・430Nm、663万円(税込)

F-PACE R-SPORT:2L直列4気筒ターボチャージド8AT、180PS・430Nm、728万円(税込)

<ガソリン・エンジン搭載モデル>

F-PACE R-SPORT:3L V6スーパーチャージド8AT、340PS・450Nm、849万円(税込)

F-PACE S:3L V6スーパーチャージド8AT、380PS・460Nm、981万円(税込)

参考 – JAGUAR JAPAN 

上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。