ラングラー・グランドチェロキー・コンパスに限定仕様が登場

本格クロスカントリーモデルとして、走破性の高さと無骨さとラグジュアリーさを併せ持つ「ラングラー・アンリミテッド」、ジープの中でも最上級モデルである「グランドチェロキー」、ジープのエントリーモデル「コンパス」に、「Altitude(アルティテュード)」シリーズの2015年版が登場しました。

「Altitude(アルティテュード)」シリーズとは?

2012年に第一弾が投入された「Altitude(アルティテュード)」シリーズ。2012年の第一弾では「ラングラー」「パトリオット」「グランドチェロキー」の3モデルに追加された限定仕様でした。

限定仕様の主な特徴としては、360度カメラや、ブラックレザーシート、専用ホイールなどさまざまな特別装備で武装され、全車の内装・外装にブラックのアクセントが加えられたマニア垂涎の特別モデルでした。

2015年のアルティテュードは?

ラングラー・グランドチェロキー・コンパスに新シリーズを設定

ラングラーアンリミテッドアルティテュード」は、ブラックが60台、ブライトホワイトが40台の限定で、外装はブラックアクセント付フロントグリル、ロックレール、ブラックハードスペアタイヤカバー、18インチアルミホイール(グロスブラックカラー)などが装備された特別仕様となっています。

内装には、ピアノブラックインテリアアクセント、ブラックレザーシート(フロントシートヒーター付)、ブラックカラーステッチ入りセンターアームレストなどが標準装備されています。

エンジンは3.6LのV型6気筒DOHC(V6)の右ハンドルで、トランスミッションは5速AT、価格は448万2,000円となっています。

ラングラー・グランドチェロキー・コンパスに新シリーズを設定

グランドチェロキーアルティテュード」は、ブリリアントブラッククリスタルが85台、ブライトホワイトが50台、グラナイトクリスタルメタリックが5台、ディープチェリーレッドクリスタルが10台の限定となっています。

外装は、ボディカラーと同色のフロント&リヤバンパー(グロスブラックアクセント付)、ボディ同色グリル(グロスブラック / プラチナアクセント付)、デュアルクロームマフラーカッター、20インチアルミホイール(グロスブラックカラー)、5段階の車高調整が可能な”クォドラリフトエアサスペンション”などが装備され、内装はブラックスエード / レザーコンビシートが採用されています。

エンジンはラングラー同様3.6LのV型6気筒DOHC(V6)の右ハンドルで、8速ATのフルタイム4WD、価格は513万円となっています。

ラングラー・グランドチェロキー・コンパスに新シリーズを設定

コンパス・アルティテュード・スポーツ360°ビジョン」は、ブラックが30台、ブライトホワイトが30台、マキシマムスチールメタリックが10台の限定となっています。

その名のとおり、ボディを真上からみたディスプレイで、駐車をサポートする360°カメラが搭載されているほか、自動防眩ルームミラーが標準装備されています。

また、成約時のプレゼントとして、マットグレー色の折りたたみ自転車(非売品)も用意されます。

エンジンは2.0Lの直列4気筒DOHCの 右ハンドルで、CVT(無段階変速機)、価格は307万8,000円となっています。

これらの「Altitude(アルティテュード)」シリーズ2015年版は、2015年7月4日(土)より販売が開始となりますので、気になった方はお近くのジープ正規ディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

メルセデス・ベンツの新型SUV「GLC」が世界初公開!

男性よりも女性の方がクルマの運転が荒いってホント!?

憧れのスタイル「トラキャン」を手に入れるには今しかない!

ランボルギーニのSUV「ウルス」がついに市販化決定!

歴代のカマロを画像で見ながら2分で知ろう!

参考 – Jeep Japan

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。