今DIYカスタムがアツい!軽トラを10倍便利に楽しむ方法

軽キャン(軽トラキャンピングカー)をはじめ、軽トラのカスタムが最近ジワジワ人気を集めています。

そこで今回は、日本唯一のDIY&日曜大工マガジン『ドゥーパ!』編集部が制作した、軽トラをDIYでカスタムするためのムック本『DIYで軽トラを10倍楽しむ本』を紹介します。

軽トラの荷台は、無限の可能性を秘めた宇宙だ!

小さい車格で小回りが利き、それでいて様々な物が積める、実用性に優れた軽トラ。上記画像の通り、最近その軽トラのドレスアップや、実用性をもっと上げるための荷台カスタムなど、自分好みにイジる方が増えています。

雑誌『ドゥーパ!』では、そんなカスタム軽トラ企画の反響を受け、DIYカスタムに特化したムック本を発売したとのことです。誌面では、限られたスペースをフルに活用して、仕事を便利に、趣味を楽しくする、多数の荷台カスタムが紹介されています。思わず「え、軽トラでこんなことまでできるの?」と呟いてしまうほど、軽トラのポテンシャルに驚くこと間違いなしです!

さまざまなカスタムの実例と製作レポートも満載

掲載されているカスタム実例は、トノカバー(荷台カバー)、アオリ(荷台の囲い)、フレームといった定番はもちろん、収納ケースや露天風呂(笑)なども。そして、最近話題の軽キャンについては、とくに多くのページを割いて特集されてます。「キャンピングカーを自作なんてできるの?」という声も多いと思いますが、今回、実際に『ドゥーパ!』編集部も軽トラキャンピングカーをDIYで製作しています。

DIY初心者・未経験者にも親切な内容

カスタムの実例やレポートだけでなく、実際にDIYするための「切る」「つなぐ」「研磨する」といった基本テクニックを紹介するページも充実。これ一冊で、電動工具の使い方もばっちりわかるというわけです。

また、軽トラ豆知識や、メーカー純正アクセサリーガイド、やっぱりDIYで作るのは自信がないという人のためのカスタムショップガイドも満載。DIY初心者にも安心な内容となっています。

軽トラならベース車両としてもリーズナブルですし、DIYならカスタム費用も安く上がります。そして何より愛着が湧きますよね。既に軽トラを所持している人はもちろん、購入を検討している人も、オリジナルな軽トラを仕立ててみてはいかがでしょうか?

参考 – PR TIMES

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。