「ここで二手に分かれよう」2台のバイクに分割するクルマ”Lane Splitter”

旅行に出かけた際に、男女で意見が食い違い別行動をとるということはよくあること。また、出張先でも二手に分かれた方が営業効率が上がる。しかし、クルマは1台しかないから、結局行動が制限されるのが歯がゆいところ。

そんなときは、ArgodesignとFast Companyが共同で開発している「Lane Splitter」が有効な解決策となりそうだ。

2台のバイクに分割する!?

「ここで二手に分かれよう」2台のバイクに分割するクルマ"Lane Splitter"

なんとこちらの「Lane Splitter」は、2台のオートバイに分割できるクルマだ。

「え!? 危なくない?」という疑問の声が聞こえてきそうだが、ご安心を。シャシーが自動でロックされる機能が搭載されており、簡単に分割したり結合したりすることが可能となっている。

「ここで二手に分かれよう」2台のバイクに分割するクルマ"Lane Splitter"

ボディ下部にあるシルバーがシャーシをロックできる箇所。

つまり、高速道路などでは安定性が高いクルマモードで走行し、目的地についたら機動力の高いバイクモードとして分割する、といった具合である。

「ここで二手に分かれよう」2台のバイクに分割するクルマ"Lane Splitter"

コーナリング時に思わぬ罠が…

「ここで二手に分かれよう」2台のバイクに分割するクルマ"Lane Splitter"

開発に際して苦労点は、クルマとバイクのコーナリングの違いだそう。たしかにバイクのコーナリングは体重移動、クルマの場合はハンドル操作なので、安直にバイクを2台結合しただけだと、クルマモードではスムーズなコーナリングが実現できないのである。

「ここで二手に分かれよう」2台のバイクに分割するクルマ"Lane Splitter"

その解決策として、前タイヤを2つに分割&結合する機能を設け、スムーズなコーナリングを可能にした。なお、バイクモードの場合は、少し前に流行ったフロント2輪のタイヤ構造なので、安定性が増すらしい。

とはいえ、Lane Splitterはまだコンセプトモデル。開発元のargodesignによると、仕様やデザインも今後変更される可能性が高いとのことだ。また、名前も変更になる可能性があるらしい。

もしもこの”バイクルマ”が市販化されれば、仕事でもプライベートでも、さらなる可能性が広がるのではないでしょうか。

参考 – argodesign

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。