レクサス「CT200h」を一部改良し新色ディープブルーマイカも追加

レクサスは、CT200hを一部改良し、全国のレクサス店を通じて8月6日に発売した。

20150806_02_02_s

CT200h “F SPORT”(ディープブルーマイカ)

今回の一部改良では、外板色に新色ディープブルーマイカとグラファイトブラックガラスフレークを含む全11色を設定。多彩な内装色との組み合わせにより、自分らしい一台を選ぶことができる。

20150806_02_03_s

CT200h “F SPORT”(グラファイトブラックガラスフレーク)

さらに、「CT200h F SPORT」では、スピンドルグリルのロアモールをメッキ加飾へ変更することにより、スピンドルグリルをダイナミックに際立たせ、よりラグジュアリー感をアップさせている。

G-Linkにも新機能が追加

G-Linkとは、365日24時間オペレーターがドライバーをサポートするオペレーターサービスで、「プローブコミュニケーション交通情報」など最先端の総合テレマティクスサービスを提供している。離れていても大切な愛車を守る「G-Security」や、事故や急病の際に警察や消防への緊急通報をする「ヘルプネット」など、レクサス独自のサービスである。

さらに今回の「CT200h」から追加された新機能として、エンジンの再始動などを遠隔地から禁止できるリモートイモビライザーや、離れた場所からスマホでドアロックなどの操作が行えるリモート操作が追加され、より利便性が向上している。

レクサスのアイコンであるスピンドルグリルデザインをより際立たせた「CT200h F SPORT」は、今後レクサスの新定番になる要素を十二分に秘めている。

価格は366万2,000円から460万8,000円。

※最上部の画像は「CT200h “F SPORT”(ブラック)」オプション装着車

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。