世界初のシステムで走り爽快!レクサスが新ハイブリッド・クーペ「LC500h」発表!

レクサスが、オランダ・デンバーグで発表した新型ハイブリッド「LC500h」は、従来のハイブリッドでは味わえないエモーショナルな走りが魅力だ。なぜか? その秘密は、世界初の新機構「マルチステージハイブリッドシステム」を採用したことにある。

「LC500」のハイブリッド版が「LC500h」だ

2016年1月にアメリカで開催されたデトロイト・ショーで初お披露目された、新型ラグジュアリー・クーペ「LC500」のハイブリッド版として登場するのが「LC500h」である。搭載するパワーユニットは、V型6気筒3.5Lエンジンと2つの走行用モーターだ。

ハイブリッドシステムに有段ギヤの自動変速機構をドッキング

「LC500h」に搭載される新機構「マルチステージハイブリッドシステム」は、2つのモーターを使用するハイブリッドシステムに、有段ギヤの自動変速機構をドッキングさせるというもの。従来からある変速機構によるエンジンの出力制御に加えて、モーターの出力制御まで可能になったのだ。

全域で躍動感! 低燃費も実現

Lexus_LC_500h_012_E939D75016A33D3330B832E3B80D19E189A56316

この新システムによるメリットは、エンジンを高回転化しても、低速から力強い駆動力が生み出せることにある。加えて、低速域から高速域までシステム効率の高い動作点を選択し、EV(電気モーター)走行領域も拡大することで、躍動的な走りと燃費性能を両立できるのだ。

新システムによる変速制御は、どんな走行シーンでもドライバーの要求に忠実なエンジン回転数の変化を生み出す。また、モーターアシストの応答性も向上することで、アクセル操作に連動したダイレクトな加速フィーリングを実現する。

マニュアル感覚を楽しめるMモードも

Lexus_LC_500h_007_58CAEF14F99F05D1114AC012483493F2114EC92E

注目ポイントはもう一つ。ハイブリッドシステムに、マニュアル感覚のドライブ操作が楽しめるMモードを設定したこと。これにより、走りの楽しさを味わえる演出が加わっている点も魅力だろう。

Lexus_LC_500h_021_7955C0B15F8017AC32A619D50DEFBAC7C5A7F99A

ダイナミックなフォルムとラグジュアリー感満点のエクステリアやインテリアは、「LC500」と同様だ。

「LC500h」は、スイスで3月1日(一般公開3日)〜13日に開催されていたジュネーブ・モーターショー2016にも出展された。また、日本での発売は「LC500」同様、2017年春頃になる見込みだ。

レクサスの新フラッグシップと呼べるモデルだけに、今からかなり期待大! はやく現物が見てみたいものだ(多分買えないけど)。

「LC500h」(欧州仕様)のスペック

エンジン総排気量:3456cc

エンジン最高出力:220kW(229.1ps)/6600rpm

システム全体最高出力:264kW(358.9ps)

最大トルク:348N・m(35.5kgf-m)

全長:4,760mm

全幅:1,920mm

全高:1,345mm

ホイールベース:2,870mm

トレッド前/後:1,630mm/1,638mm

タイヤ&ホイール:

<21インチモデル>前 245/40RF21 後 275/35RF21

<20インチモデル>前 245/45RF20 後 275/40RF20

参考 –  LEXUS

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。