限定200台!アウディ「R8クーペ」をチューンした「アウディスポーツエディション」が追加!

ノーマルでさえ高性能と扱いやすさ、それに過度でないラグジュアリー感を漂わせるアウディ「R8クーペ」ですが……

その「R8クーペ」をベースに、限定200台で「アウディスポーツ・エディション」が追加されました!

Audi R8 Coupé Audi Sport Edition

コチラが今回発表された「R8クーペ アウディスポーツエディション」。車名にある「アウディスポーツ」とは、同社の子会社で高性能モデルを手掛けていた「クワトロ」が名称変更してできた新会社の名称です。

本モデル最大の特徴は、アウディスポーツを象徴するような、シルバーをベースにレッド&ブラックをアクセントカラーとして用いたエクステリアにあります。

これだけで30馬力ほど高出力化された気がしてきます。

「R8」標準仕様 2016年モデル

冗談はさておき、エンジンは標準仕様の「R8クーペ」と同仕様が搭載されます。とは言え「R8クーペ」は同社フラッグシップ・スポーツモデルですから、最高出力540hp仕様と610hp仕様の2種類というV10エンジンが搭載されるワケです。文句はないことでしょう!

Y字型10スポークデザインの20インチアルミ鍛造ホイールを採用。アンスラサイトブラックにペイントされています。そこに組み合わされるタイヤは、フロント245 / 30R20、リア305 / 30R20というワイドサイズです。

カラーラインアップは、ここまで紹介してきたシルバー(マット・グロスの設定可)のほか、ブラックとホワイトが用意される模様です。いずれのカラーを選択しても、このサイドブレードとドアミラーはレッドとなります。

高級感溢れるインテリア

本車両のもう一つの特徴は、実はインテリアにあります。

インパネ周辺やセンターコンソールにカーボンパーツを採用することで、スポーティな気分を盛り上げます。サイドシルにはアウディスポーツのロゴとアルミ製ナンバリングプレートが貼られており、そちらは特別感を高めます。

本革製シートはブラック&レッドのコンビネーションを採用。ステッチはシルバーと、凝りに凝った仕様と言えましょう!

ブラックで統一されたコクピットに、アクセントカラーのレッドが映えます!

2017年発売予定! お値段は……

この特別なモデル「R8クーペ アウディスポーツエディション」、2017年夏に発売が開始されるとのことです。

そのお値段ですが……540ps仕様が18万1900ユーロ(約2100万円)、610ps仕様が20万5800ユーロ(約2380万円)とのことです……

筆者のような庶民には手の届かぬモデルですが、何処かで見掛けたら、そっと高級感溢れるインテリアを覗いてみたいなと思います。

参考-アウディ(グローバル)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。