夏休みのロンドン中心部は「動くモーターショー」状態に!

ついに夏休みが終わってしまいましたね。for Ride読者の皆様は充実した夏休みが過ごせましたでしょうか?

こういった長い休暇の間は普段余り見ることがないクルマをたくさん見かけるチャンスでもあります。特にイギリス・ロンドンの中心街では、貴重なクルマが押し寄せる、非日常的な光景となるのです。

ヴェイロン、ラ・フェラーリなど最新のスーパーカーが!

Arab_Supercars_Arrive_in_London_for_Summer_2015_-_YouTube

ロンドンの中心街は、誰もが一度は憧れた最新のスーパーカーなどが走り回っています。ロンドンに来ているのは、主に中東諸国の王族関係の方々。

飛行機やプライベートジェットを使いクルマを運びこみ、ロンドンを避暑地として滞在しているそうです。ちなみに輸送費は1台300万円あたりかかるとのこと。やはりお金持ちのやることはケタが違う!

クルマ好きからすると、そんな貴重なクルマがたくさん走っている姿をみることができるのは非常に嬉しいことなんですが、ロンドンの住民はそうでもないようです。

オーナーにはスーパーカーに相応しいモラルを!

Arab_Supercars_Arrive_in_London_for_Summer_2015_-_YouTube4

朝から晩まで縦横無尽に市街地を駆け巡るスーパーカー達、彼らも写真や動画を撮られることに快感を覚えており、ついつい空吹かしをしてしまったり、アクセルに力が入ってしまったり…挙句の果てには…

こんな事態を引き起こしてしまったり。

ステキなクルマに乗っているから、カッコイイところを見せたくなるのもわかります。彼らにしても、ロンドンにわざわざ愛車を持ってきているのは「買い物」と「ナンパ」が目的なのですから。

これから季節も秋になり、ドライブ日和が増えてくると思いますが、読者の方々はマナーと節度を守って楽しみましょう!

まぁ、その上でナンパするのであれば、結構なのではないでしょうか。

クリハラジュン

クリハラジュン

大学生時代に就活せず自動車ライターをはじめ、生活の全てを愛車のインプレッサ WRX STI Type Rにささげているクルマ馬鹿でありマカーです。