凄すぎて笑える!1,200馬力のマツダ「ロードスター」で世界最速ドリフトを披露!

何かと当サイトにも話題を提供してくれる「レッドブル」。今回はそんなレッドブルと専属契約を結んでいるニュージーランドのプロドリフター、マッド・マイク氏の操るマツダ「ロードスター」こと「RADBUL」がドリフト全開でサーキットを駆け巡る動画を公開されたので紹介したい。

4ローター+ツインターボ26BロータリーEg搭載で最高出力1,200馬力オーバー

スクリーンショット-2016-01-23-21.51.06

「RADBUL」と呼ばれるこのモデルは、マツダ 「ロードスター」に4ローター、ツインターボ26Bロータリーエンジンを搭載するというカスタムを施し、最高出力1,000馬力オーバーというドリフトマシンを作り上げた。何と動画で走っている「RADBUL」は時速200キロでドリフトをし続けている。確かに驚異的なスピード感が伝わってくる事と思う。

3本の動画を全て見ると視点が異なって楽しさも倍増する

ちなみにこの「RADBUL」シリーズには本編の他に動画のメイキングムービーと、「RADBUL」自体のメイキングムービーが存在するので、併せて見るとまた違った視点で感じられるハズだ。それでは動画をご覧頂こう。

参考 – Youtube : Mad Mike Whiddett and his Mazda MX-5 “RADBUL” Drift HighlanOn the Track with RADBUL | Mad Mike Drifts Highlands Mad Mike Whiddett’s RADBUL Mazda MX-5

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。