マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

前回『30年ぶりのマッドマックス!劇場前の予習復習必須アイテム!』でもご紹介したとおり、30年もの月日が経過した2015年の今年『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が6月20日に遂に劇場公開となります。

今回は、そんなマッドマックスでは、毎回”不良”の匂いプンプンな”世紀末スタイル”の車輌が数多く登場します。そんな公開差し迫る中、配信元のワーナー・ブラザーズ社が、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で使用した車輌の画像を大量に公開いたしましたので、ご紹介いたします!

The War Rig

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

第二次世界大戦時の爆撃機のような小窓を搭載したこの車輌。ガゾリンを大量に積んでいるように見受けられます。

The Big Foot

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

1940年代のモンスター・トラックのような見た目で、上部にはモリのようなものがセットされています。この世界ではモリが必要になるようですね。

Mack

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

消防車のような、クレーン車のような出で立ち。やはりこちらにもモリのようなものがセットされている。

Plymouth Rock

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

どう見ても”ハリネズミ”のようにしか見えませんが、名前に”Sonic”が付いていないということは、却下されたのでしょう。

The Gigahorse

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

トラックをベースとしつつ、異なるV8ターボエンジンを2基搭載し、キャデラックが2台分上に乗っかってます。独創的すぎてゾクゾクします。

The Interceptor

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

フォードのXB ファルコンです。この車輌は、マッドマックスシリーズにおいて、いつも花形スターの貫禄を見せていますね。一番公道仕様に落とし込めるカスタムだと思います。

Peacemaker

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

1970年代マッスルカーと戦車をミックスしたような、強引なカスタムが目を引きます。しかし、所有したいとは思いませんね。

FDK

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

ワーゲン・ビートルにV8エンジンが搭載され、4缶もの予備タンクが付いた”バハ・バグ”のような車輌。こんな世紀末な荒野であれば、給油ポイントもそうないと思うので、理にかなったカスタムなのかもしれません。

The Nux Car

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

もしかしたらマフラーが邪魔をして、ドアが開かないかもしれないカスタムですね。でも大丈夫! きっと彼らは無数についた棒を伝って乗り込むでしょうから。

Buggy #9

マッドマックス最新作に登場する車輌がやっぱりイカれててイカしてる!

1970年代のオーストラリア人のオマージュですね。トラックのフレームにコルベットのボディーを載せています。トランク部分に設置された狙撃用の座席があってこそ”マッドマックス・カー”として完成ですね。

いかがだったでしょうか。これらの車輌が実際に走る様を観たくはありませんか?

こちらの記事を書きながら、すでにお腹いっぱいになりつつある筆者ですが、やはり映画館のスクリーンで実際に観たいですね。

参考 – Supercompressor

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。