510馬力?マイスタ-が創るエンジンに感動!「メルセデス AMG GT R」の世界

ドイツの高級車メーカー「Mercedes-AMG」。究極のオンロードレーシングカーとしての「Mercedes-AMG GT R」。

そこにはモータースポーツを愛する人によって創られた最強のエンジンがありました。

「One man-one engine」に感動!

「AMG」は、1967年に創立されたレース用自動車エンジンを設計する会社。本社の工場はドイツのアファルターバッハにあります。

会社名の「AMG」は、創立者とエンジニアの頭文字、故郷のグロース・アスパッハの「G」から名付けられています。

「AMG」は、1971年に24時間レースなどで優勝した功績をいかし、ベンツの性能向上のためエンジン創りに貢献。「One man-one engine 」をコンセプトに持つ「AMG」では、熟練工やマイスターにより手作業で一台のエンジンが造られています。

驚異的!時速100kmまでにかかる時間は3.8秒!?

最初に発表された「Mercedes-AMG GT」のエンジンは、4L V型8気筒直噴ツインターボを搭載。

チューニングの違いによって452馬力~510馬力のパワーを発揮。時速100キロに達するまでにかかる時間は、3.8秒と驚異的な加速力を誇っています。さらに独自のアルミフレームの採用で、総重量は1,600キロと軽量化されています。

「Mercedes-AMG GT  S」のレースモードでは、マウント部分での電子制御によって操作可能。これによりエンジンやトランスミッションの振動を抑えられ、走行時の快適さと車体との一体感を生み出しています。

Mercedes-AMG GT        価格:1,650万円

Mercedes-AMG GT S    価格:1,950万円

究極のモータースポーツであり、エンジンもマイスターによって創られるとあって、かなりの価格設定。

それだけ価値のある「オンロードレーシングカー」ということになりますね。

テクノロジーの進化を遂げた!革新的な「AMG GT R」

GT Rには、専用のターボチャージャーや制御プログラムと「AMG GT」より0.7kg軽いフライホイールを採用。Blue DIRECTテクノロジーとツインターボの融合によって、効率的な燃焼を実現しています。

「Mercedes-AMG」は究極のパフォーマンスを追求するブランドとして、高級感のあるメルセデス・マイバッハとは違う仕様になっています。

さらにドライサンプ方式によって、車両の低重心化や高い横からのGがかかる高速でのコーンリングで安定したオイルの供給も可能。これによりシリーズでは最強のパワーを持ち、リッターあたり140ps、最高速度は300km / hを超えてきます。

価格:2300万円

最高速度300km / hをたたき出す高級車、これはいったい誰の手に。

走っているところがみたいと思わずにはいられません。

参考-メルセデス・ベンツ(グローバル・サイト)

smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。