メッサーシュミットは飛行機だけじゃない!? 戦闘機のような屋根付き三輪スクーターもある

第二次世界大戦後、航空機や兵器などの軍需企業が民需転換策や、新興企業の自動車業界参入が図られていたドイツ、イタリア、フランスを中心に生産された、極めて小さく廉価な簡易自動車のことをバブルカーと呼ぶ。小さな車体に対するキャノピーの大きさがバブルを連想させたことが由来だという。中でも特徴的なスタイルを持つ一台がメッサーシュミット・「KR200」である。

雨を避けることが出来るスクーター

17994953213_3a50853417_z

メッサーシュミット社とはご存知の通りドイツの戦闘機メーカーである。戦後、航空機の開発、製造を禁止され活躍の場を失っていたが、同社は市民のアシとして人気を集めていたバブルカーに目を付け開発に着手するようになる。コンセプトは「雨を避けることが出来るスクーター」であったという。こうして1952年に誕生したのがメッサーシュミット・「KR175」である。タンデム式の2人乗りというキャビンは、あたかも戦闘機のコクピットを連想させる形状となり、エンジンにはザックス社製2ストローク175ccエンジンを搭載。安価で効率の良い超小型3輪自動車の「メッサーシュミット」は市場からも高い評価を受けることとなる。

名車KR200の誕生

5892292116_6436161b3c_z

KR175は1955年には車体や足廻りに大幅な改良が加えられ、メッサーシュミット・「KR200」が誕生した。「KR175」との違いはエンジンの排気量、リヤサスペンションにラバーマウントを搭載、そしてエンジンを逆回転させることで、バックも可能となった点であろう。このKR200は大ヒット作となり、バブルカーを代表する一台へと成り上がったのだ。

約4万台が製造された

栄華を極めたメッサーシュミットKR200であったが、石油が再び安定供給され、多くの自動車メーカーが500ccクラス以上の4輪自動車を安価に製造することができるようになるにつれ、安全性や居住性に劣るバブルカーは人気を失い、徐々に衰退していくこととなり、1964年で生産終了されることとなった。総生産台数は約4万台だと言われている。

オーナーになる道はかなり険しい

かくして、人気を博した「KR200」の歴史は途絶えることとなったが、その後も「KR200」はマニアに高い支持を受け、現在では市場価格も高騰しており、おいそれと買える金額ではなくなっている。マレに中古市場に出たとしても基本的には¥ASKと書かれていることだろう。レプリカもイギリス製のキットカーなどが発売されているが、300万円前後で取り引きされている。日本でも光岡自動車がレプリカモデルを販売していたが、こちらはエンジンが50ccであった。現在は見ることも難しい。世界中のマニアを惹き付けてやまないメッサーシュミット「KR200」。世界中にマニアがいるだけあって、オーナーになる道もその分、険しいようだ。

画像 – Flickr : Greg GjerdingenPROSven-Kåre Evenseth

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。