ハリウッドもビックリ!全米が震撼しちゃいそうなバス会社のCM

クルマなどで移動する際、とても邪魔な乗り物と言えば…連想できましたか。そう、バスです。

片側一車線なのに、100m間隔で停留所に停まられちゃった日には、さすがにイラっとくるものです。バスで移動する場合も、都内の場合は大幅に遅延することもあり、時間が読めないなどの理由で、電車を優先させがちですよね。

今回は、そんな悪印象を覆すようなバスのCMをご紹介しましょう。

ドラマティックなCM

デンマークと言えばバイキングが有名ですが、今回はバイキングは関係ありません。あくまでもバス会社のイメージCMになります。

最初は道路に倒れる男がクローズアップされます。事件発生かと思いきや、そうではなく道路に耳を当てて、近づく車両を確認していたようです。まるで忍者ですね。

何かの音が聴こえ、ハイタッチで大喜び! いったい何が近づいてくるのでしょうか。

青いバスが近づいてくる…

彼らの見つめる先には、青いバスが。そう、ここはバス停なのです。

バス停に集う人々の表情は、期待感に満ちあふれており、何やら感動巨編の雰囲気が漂います…が、ただのバス会社のCMです。

そして姿を現したバス。近未来的なワケでもなく、高級そうなワケでもない、言ってしまえばそこいらにあふれている、ごくごく一般的なバスです。

我先にと乗り込む乗客をしり目に、運転手さんは、非常にクールな表情です。

恍惚の表情を浮かべる乗客たち

バスに乗れた乗客たちは、心底満足そうな表情を浮かべています。

この表情はファーストクラスに乗っても出せない気がしますね。

降車ボタン一つで大騒ぎ

降車ボタンを押すだけで記念撮影までしてます。

そして、降車ボタンを押し「STOP」のサインが点灯されれば…

はい、乗客一同でこの表情。笑

それにしてもデンマークのバスも降車ボタンを押して降りるシステムなんですね。筆者は日本だけかと思ってました。

バイク少年もビックリ!

バイクでドリフトに興じていた若者が、いきなり水を吹き出した!と思ったら、

彼の視線の先ではバスがド派手なドリフトを決めていました。あの運転手さん、やはりタダ者じゃないですね。

幻想的な光景の中、バスはひた走っていきます。老夫婦もどこか心配げな表情でバスの行方を見守っていますね。

もはや、ハリウッド映画のようなドラマティックな展開です…が、ただのバス会社のCMです。

そしてクールに到着

渋すぎるアナウンスで、目的地のバス停に到着。

すると、この群衆!

もう、プロ野球選手のキャンプ送迎用バスのような人気っぷりです…が、ただのバス会社のCMです。

それでは、ハリウッドもビックリの”一大スペクタクル超大作”風CMをお楽しみください。

いかがだったでしょうか。

バス会社のイメージCMなのですが、ハリウッド映画なみのクオリティで、映像もとても美しいものでしたね。ただの路線バスを題材にして、過剰なまでにカッコ良いCMが作れるとは…、さすがです。

何の変哲も無い路線バスのイメージアップを狙って制作された、こちらのプロモーション動画。まさに狙い通り、いや、それ以上ですね!

参考 – Youtube : Midttrafik: Vi skal nok køre dig

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。