ドラッグレースで活躍した60’sマッスルカーは、もはや最新ミニバンにすら勝てない

コルベットにマスタング、カマロなど、1960年代〜1970年代に一世を風靡したアメリカ製マッスルカーたち。

大排気量のV8エンジンにビッグパワーで、ドラッグレースなどで大活躍した”スポーツカー”たちだが、実は現代のミニバンにはスピードでかなわないことをご存じだろうか?

アメリカのテクノロジー系サイト「SUPERCOMPRESSOR」の記事によると、北米など海外専売のミニバン、”ファミリーカー”の「TOYOTA SIENNA(トヨタ・シエナ)」は、0-60mph(約96.56km/h)を7.6秒で走るという。

一方、下に挙げた10台のビンテージマッスルカーたちは、北米の自動車雑誌のテストによれば、いずれも0-60mphのタイムはSIENNAに及ばないという。

SIENA
SIENNAは、3.5リッターV6エンジンで266馬力。一方、かつての”直線番長(マッスルカー)”たちは、どれも5リッターや6リッターで300馬力前後を発揮する。

かつて”栄光”を欲しいままにしたクルマたちも、テクノロジーの進化には勝てない。SIENNAはAWD(4輪駆動)バージョンも選べるし。

どんなに頑張っても、ミニバンが勝ってしまう…これ、悲しい現実。

1:1967 コルベット・コンバーチブル

MUSSLECAR_01

0-60mph(約96.56km/h): 7.8秒

エンジン排気量:327cid(約5.35L)

最高出力:300ps

テスト雑誌:CAR AND DRIVER

2:1970 マスタング・マッハ1

MUSSLECAR_02

0-60mph(約96.56km/h): 8.2秒

エンジン排気量:315cid(約5.16L)

最高出力:300ps

テスト雑誌:MOTOR TREND

3:1967 カマロSS/RS

MUSSLECAR_03

0-60mph(約96.56km/h): 8.0秒

エンジン排気量:350cid(約5.73L)

最高出力:295ps

テスト雑誌:MOTOR TREND

4:1968 プリマス・バラクーダ340-S

MUSSLECAR_04

0-60mph(約96.56km/h): 8.1秒

エンジン排気量:340cid(約5.57L)

最高出力:275ps

テスト雑誌:MOTOR TREND

5:1962 プリマス・フューリー

MUSSLECAR_05

0-60mph(約96.56km/h): 7.7秒

エンジン排気量:361cid(約5.91L)

最高出力:305ps

テスト雑誌:MOTOR TREND

6:1971 ダッジ・チャージャー500

1971 Dodge Charger 500

0-60mph(約96.56km/h): 8.1秒

エンジン排気量:383cid(約6.27L)

最高出力:300ps

テスト雑誌:MOTOR TREND

7:1968 フォード・マスタングGT390

MUSSLECAR_07

0-60mph(約96.56km/h): 7.8秒

エンジン排気量:390cid(約6.39L)

最高出力:335ps

テスト雑誌:MOTOR TREND

8:1970 シボレー・モンテカルロSS454

MUSSLECAR_08

0-60mph(約96.56km/h): 7.7秒

エンジン排気量:454cid(約7.43L)

最高出力:360ps

テスト雑誌:CAR LIFE

9:1969 ビューイック・スカイラークGS

MUSSLECAR_09

0-60mph(約96.56km/h): 7.7秒

エンジン排気量:400cid(約6.55L)

最高出力:340ps

テスト雑誌:MOTOR TREND

10:1962 スチュードベーカー・アヴァンティ

MUSSLECAR_10

0-60mph(約96.56km/h): 8.0秒

エンジン排気量:289cid(約4.73L)

最高出力:280ps

テスト雑誌:MOTOR TREND

参考 – 10 CLASSIC AMERICAN MUSCLE CARS THAT ARE SLOWER THAN A MINIVAN(SUPERCOMPRESSOR)

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。