何このカオス!? フェアレディZをドリフトさせてドーナツをトッピングしよう

「ナショナルドーナツデー」という行事をご存知でしょうか? 第一次世界大戦中に、戦っている兵士たちにドーナツを提供した女性の名誉をたたえるために作られたお祝いの日で、毎年6月の第1金曜日に行われます。

多くのドーナツショップではこの日を記念して、お客さんに無料でドーナツを配るそうです。

今年は6月5日が「ナショナルドーナツデー」にあたりますが、日産がユニークな動画でこの日をお祝いしたので紹介しましょう

「HAPPY NATIONAL Donut -DAY-」

焼きたてのドーナツ…実に美味しそうです。「ナショナルドーナツデー」のために焼かれたものでしょうか?

ドリフトでトッピング!?

これからトッピングをするかと思いきや、何といきなり「フェアレディZニスモ」が登場。女性の目の前でドリフトして、カラフルな何かを振りまいていきます。

スプリンクルの上でドリフト三昧

カラフルな何かの正体は、スプリンクル(ドーナツとかアイスの上にパラパラ乗ってるヤツ)でした。床一面に散りばめられたスプリンクルの上で「フェアレディZニスモ」がドリフトしまくります。周囲に居たスタッフにも監督にもチョコレートスプレーが降り注いでいきます。

ドライバーはフォーミュラドリフトチャンピオン

「フェアレディZニスモ」のドライバーは、フォーミュラドリフトドライバーで2009年シーズンチャンピオンとなったクリス・フォースバーグ氏です。とにかく楽しそうにドリフトしていることがわかりますね。

最後はスプリンクルのかけ合いに発展

床一面に散りばめられたスプリンクルの量は何と1.2トン。最後は皆でかけ合いに発展します。スタッフで美味しく召し上がれたのか気がかりでなりません。

トッピングが出来たのかは定かではない

ドリフトでスプリンクルを巻き上げてドーナツにトッピングする…実に大胆な発想ですね。ただ実際、キレイにトッピングできたのかは定かではありません。

それでは、動画をお楽しみください。

いかがだったでしょうか? 1.2トンものスプリンクルをドリフトでかけ合うという、実にアメリカンな発想ですよね。日本のテレビでは絶対にやれない演出だと思います。

だってほら、「このあとスタッフがおいしくいただきました」っていう、絶対にありえない注釈を入れてもクレームきますし。

参考 – Youtube : Decorating Donuts With a Nissan 370Z 

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。