マイナーチェンジを果たしたトヨタ新型「ランドクルーザー」が由比ガ浜でお披露目

トヨタ自動車は、マイナーチェンジをした新型ランドクルーザーを8月17日(月)より全国のトヨタ店にて発売を開始し、そのお披露目イベントを、7月17日(金)から鎌倉・由比ガ浜に期間限定オープンし、大好評を得ている海の家「ランドクルーザービーチハウス in JAPAN」で実施した。

マイナーチェンジを果たしたトヨタ新型「ランドクルーザー」が由比ガ浜でお披露目

今回プレス向けに開かれたお披露目会では、チーフエンジニアの小鑓氏が登壇し、ランドクルーザーシリーズの頂点として力強さと先進的なイメージを進化させるべく外観デザインを一新した上に、トヨタで初の試みとなる衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を搭載した新型ランドクルーザーのアンベールとプレゼンテーションを行った。

この新型ランドクルーザーは、歩行者を検知するプリクラッシュセーフティをはじめ、最先端の安全機能を全車標準装備することで総合的な安全機能を実現しており、月販目標台数は250台、価格はGX(定員5人)で472万8,437円、AX(定員8人)513万4,909円、AX “Gセレクション”(定員8人)で585万4,582円、ZX(定員8人)682万5,600円となっている。

マイナーチェンジを果たしたトヨタ新型「ランドクルーザー」が由比ガ浜でお披露目

また今回のイベントでは、クリーンディーゼルエンジン搭載のランドクルーザープラドにちなんだ「CLEAN ACTIVITY PROJECT」において7月17日より制作を開始し、約700本のペットボトルオブシェを活用して作られた「シーカヤック型オブジェ」も同時にお披露目した。

このプロジェクトは、ペットボトル・ライトアーティスト森脇裕之氏監修のもと制作を行ったもので、海の家オープン期間中、訪れた方に使用済ペットボトルを回収BOXにいれてもらい制作したもの。また本プロジェクトはインターネットからも参加可能となっており、インターネットを通じてペットボトル回収に協力することで、ビーチハウス内外で参加した方々の協力で完成した。

7月17日(金)のオープン以降、連日大盛況のビーチハウスは、今月8月30日(日)まで営業中

このビーチハウスには、世界の飲食に造詣が深い「SCREW DRIVER」が監修するオリジナルフード&ドリンクも多数用意されているほか、クリーンディーゼル搭載のプラドの実車展示や、車両の前で特設フォトフレームと共に撮影できるブース、そしてユーザーが”ランクル”への熱い想いを自由に書くことができる応援メッセージブースも展開しており、ランクルファンだけではなく由比ガ浜を訪れた方すべてにとってエキサイティングで印象に残るスポットとなっている。

参考 – PR TIMES

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。