燃費がイー!ポルシェ「パナメーラ4 E-ハイブリッド」が予約受注開始!

ポルシェジャパンは、2016年10月1日~16日に開催されるパリモーターショーで、ワールドプレミアとなる「パナメーラ4 E-ハイブリッド」の予約受注を10月11日(火)より全国のポルシェ正規販売店にて開始すると発表しました。

このプラグインハイブリッドモデルは、電子制御式の4WDを備えており、電気モーターのみによる航続距離は50kmに達するとのこと。システム最高出力は約340kW(462PS)を発生、燃料消費量は新ヨーロッパ走行サイクル(NEDC)で2.5リッター/100kmとなっています(CO2排出量は56g/km)。

電気エネルギーのみによる航続距離は50km

ポルシェにおいて、「ハイブリッド」という言葉は、持続可能なモビリティだけでなく、パフォーマンスとも同義語です。このことは、2015年と2016年のル・マン24時間レースを919ハイブリッドで連覇したことが如実に物語っています。そしてパナメーラ4 E-ハイブリッドにもこの哲学が貫かれています。

新しいポルシェのプラグインハイブリッドは、つねに電気の力のみで走るEパワーモードでスタートし、ゼロエミッション車として最高速度140km/h、最大航続距離50kmまで走行が可能です。それと同時に、このパナメーラは、ラグジュアリーサルーンにおけるスポーツカーでもあります。

この4WDのポルシェは最高速度が278km/hに達し、静止時から遅滞なく700N・mのシステムトルクを発生します。この4ドアハイブリッドスポーツカーはわずか4.6秒で100km/hに到達することが可能です。トルクは4輪全てに伝達され、標準装備の3チャンバーエアサスペンションが快適性とダイナミズムの最適なバランスを常時確保しています。

ポルシェ918スパイダーをベースとした新しいハイブリッドコンセプト

最高のパフォーマンスが得られるのは、偶然ではありません。新しい「パナメーラ4 E-ハイブリッド」は、このセグメントでは見られなかったハイブリッドコンセプトを採用しています。それは「918スパイダー」をベースとしたコンセプトです。652kW(887PS)の918スパイダーは、ニュルブルクリンク北コースをこれまでの市販車の最速タイムで走り抜けた車両です。6分57秒というその記録的なラップタイムを可能にした要因のひとつは、2つの電気モーターがもたらす追加パワーにありました。

この918スパイダーと同様、パナメーラの電気モーターのパワー、すなわち100kW(136PS)の出力と400N・mのトルクは、ドライバーがアクセルペダルに触れると、すぐに引き出されます。先代モデルでは、エレクトリックドライブの追加パワーを引き出すためには、ペダルを80%以上踏み込む必要がありました。しかし今や、電気モーターとガソリンエンジンが最初から完璧な調和を取りながら連動するようになっています。

918スパイダーと同様、いつでも追加のパワーを得るために電気モーターを利用することができます。これにより、新しい2.9リッターV6ツインターボエンジンのパフォーマンス(243kW/330PS、450N・m)と相まって、電気モーターとターボチャージャーをベースにした圧倒的なブーストが可能になっています。

パナメーラ4 E-ハイブリッドでは、電気エネルギーは車両の最高速度も向上させています。この新しいタイプの“E-パフォーマンス”(さらなるパワー、さらなるドライビングの愉しみ、より少ない燃料消費量)は、ポルシェでは未来のパフォーマンスキットと考えられています。

新しいハイブリッドモジュールと迅速なシフトチェンジの8速PDK

V6ガソリンエンジンのクラッチと相まって、この電気モーターは新世代のポルシェのハイブリッドモジュールの到来を告げています。先代モデルの電子制御油圧式のシステムとは異なり、ニューパナメーラのクラッチは、電気クラッチアクチュエータ(ECA)によって電気機械的に制御されるため、応答時間がよりいっそう短縮されています。

他の第2世代のパナメーラモデルと同様、極めて迅速かつ効率的にシフトチェンジを行う新しい8速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)により動力が4輪に伝達されます。このトランスミッションは、先代モデルの8速オートマチックトルクコンバータトランスミッションに置き換わるものです。

電気モーターに電力を供給するのは、液冷式のリチウムイオンバッテリーです。バッテリー(ラゲッジコンパートメントのフロアの下に設置)は、エネルギー容量が9.4kWhから14.1kWhに増大したにもかかわらず、重量は同じままです。この高電圧バッテリーは、230V、10A接続でフル充電されるまでにわずか5.8時間しかかかりません。パナメーラに標準装備される3.6kWのチャージャーの代わりに、オプションの7.2kWの車載チャージャーと230V、32A接続を選択した場合は、バッテリーはわずか3.6時間でフル充電されます。

ハイブリッド専用のディスプレイを備えたポルシェ アドバンストコックピット

第2世代パナメーラの特徴の一つに、新たに設計されたディスプレイと操作コンセプトがあります。このモデルにはタッチパネルと、個別に設定が可能なディスプレイを備えたポルシェ アドバンストコックピットが標準装備されています。アナログのレブカウンターの両側に2つの7インチディスプレイが設置され、よりインタラクティブなコックピットを形作っています。また、他のパナメーラモデルとは対照的に、パナメーラ4 E-ハイブリッドにはハイブリッド専用のパワーメーターが装備されています。ハイブリッド専用ディスプレイの直感的な操作はスーパースポーツカーである918スパイダーに採用されているものに由来します。パワーメーターは現在使用している電気パワーやエネルギー回生の状況などを表示します。

12.3インチタッチスクリーンはPCMの集中管理およびディスプレイユニットとして機能します。ドライバーはダッシュボードにあるこのディスプレイでもメータパネルでもハイブリッドシステムに関する様々な情報にアクセスすることができます。ブーストアシスタントとハイブリッドアシスタントは実用的かつ有益です。ブーストアシスタントディスプレイはブーストに利用できるエネルギーを表示し、ハイブリッドアシスタントは電気走行のパワーに関連する様々な情報を目に見える形で表示します。

Hybrid Autoモードで究極の効率性

ステアリングホイール内蔵のモードスイッチを備えたスポーツクロノパッケージは、パナメーラ 4 E-ハイブリッドでは標準装備となっています。モードスイッチとポルシェ コミュニケーションマネージメント システム(PCM)を使っていくつかのドライビングモードを選択することができます。これらのモードには、 「スポーツ」そしてスポーツクロノパッケージを装備したパナメーラモデルには 「スポーツプラス」があります。ハイブリッド専用のモードは、「Eパワー」「ハイブリッド オート」「Eホールド」および「Eチャージ」があります。

パナメーラ4 E-ハイブリッドでは、常にエレクトリックパワーのみの「Eパワー」モードでスタートします。「ハイブリッド オート」モードは全く新しく開発されたドライビングモードで、選択するとパナメーラは究極の効率性を実現するために自動的にエレクトリックシステムとエンジンの駆動を組み合わせます。

「Eホールド」モードでは、バッテリーの充電状態を維持することにより、例えば目的地の環境保護域内をゼロエミッションで走行する場合など、ドライバーは電気モーターのみで走行することが可能になります。また、「Eチャージ」モードではV型6気筒エンジンによってバッテリーが充電されます。このため、ガソリンエンジンは実際の走行に必要なレベル以上の出力を発生します。

パフォーマンスを最大限に発揮するのが「スポーツ」と「スポーツ プラス」モードです。これらのモードでは、V型6気筒ツインターボエンジンが常に作動します。「スポーツ」モードでは、バッテリーの充電が常に最小限に保たれ、必要なときに十分なブーストを得ることができます。

「スポーツ プラス」モードは最大限のパフォーマンスを発揮するためのもので、パナメーラは最高速度の278 km/hに達します。このモードでは可能な限り早くV型6気筒ツインターボエンジンを利用してバッテリーを充電します。

プラグインハイブリッドモデル、パナメーラ4 E-ハイブリッドを含むニューポルシェ パナメーラのラインナップはヨーロッパでは4モデルで、全て4WDとなります。日本で予約受注を開始しているモデルラインアップは、下記の3モデルとなります。

  • パナメーラ ターボ(404kW/550PS)
  • パナメーラ4S(324kW/440PS)
  • パナメーラ4 E-ハイブリッド(340kW/462PS[システム最高出力])

これらのモデルはスポーツカーとラグジュアリーセダンを高い次元で融合したグランツーリスモコンセプトを象徴し、他に類をみないダイナミズムと快適性の組み合わせを実現しています。

ポルシェ パナメーラ4 E-ハイブリッド

トランスミッション:8速PDK

ハンドル:右

希望小売価格1,407万円(税込)

参考 – ポルシェジャパン

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。