大挙出展されたハイブリッドカーは次世代の主流になるか!? 【東京モーターショー2015】

「東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日・東京ビッグサイト)」が好評開催中だ。

第44回となる今回のショーで目立つのが、ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッド車。最近は、家庭のコンセントを使って充電もできるPHEV(プラグイン・ハイブリッド)も出てきて、まさに百花繚乱だ。

では、今回はどんなハイブリッドが出てきたのか? いくつか紹介してみよう。

コンセプトカーではコンパクトSUVが注目だ

コンパクトSUVやクロスオーバーは、今や世界的に人気のモデルだ。その次世代コンセプトカーにハイブリッドシステムを搭載したクルマを、トヨタや日産が発表している。

トヨタ「C-HR Concept」

th_1H3A3749B
まず、トヨタの「C-HR Concept」は、ダイヤモンドをモチーフとしたコンパクトでスピード感溢れるスタイリングを採用したモデルだ。

ハイブリッドシステムに採用されるモーターや電池は、可能限りの小型化を敢行。エンジンも40%以上の熱効率化を施すことで、さらなる低燃費を追求している。
全長は4,350mm×全幅1,850mm×全高1,500mm。2016年には、さらに市販仕様に近づけたモデルも発表されるというから、今から楽しみだ。

日産「GRIPZ CONCEPT」

th_1H3A3619

一方、日産は「GRIPZ CONCEPT」を発表した。ジュークの後継?とも思えるクロスオーバースタイルが目を引くモデルだ。

ガルウイングタイプのフロントドアとスーサイド式リヤドアを持つ2+2タイプのボディを採用。

th_1H3A3617

パワートレインには、EV技術をベースにしたシリーズ・ハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載する。

これは、ガソリンエンジンで発電した電気で電動モーターを駆動させることができるもの。三菱アウトランダーPHEVなどに採用されている技術とほぼ同じものだ。リーフと同じ大容量モーターを搭載し、電動モーターのみでの走行でも、リニアな加速が楽しめる。

他にも、例えば

スバル「VIZIV FUTURE CONCEPT」

th_1H3A3731

フォルクスワーゲン「TIGUAN GTE CONCEPT」

th_1H3A3860

ホンダ・新型「NSX」

th_1H3A3671

など、ハイブリッドシステムを搭載したコンセプトカーはかなり数が多い。

ホンダ「NEOWING」

th_1H3A3670
また、ホンダの「NEOWING」のように、3輪車のハイブリッドも登場。バイクの加速感と3輪による安定性、ハイブリッドによる高い燃費性を併せ持つ注目モデルだ。

もうすぐ出てくる!? 市販予定や参考出展モデル

市販予定や参考出展車にも、ハイブリッドを搭載したモデルが多数登場していた。

トヨタ・新型「PURIUS」(市販予定車)

th_1H3A3751
例えば、トヨタの新型「PURIUS」(市販予定車)も日本初登場。

アウディ「Q7 e-tron 2.0 TFSIクアトロ」(市販予定車)

th_1H3A3871

BMW「330e」&「225xe Luxury」

th_1H3A3712

th_1H3A3723
BMWでは、「330e」(上)や「225xe Luxury」(下)といったPHEV(プラグインハイブリッド車)が登場(いずれも参考出展)。どちらも、自宅で充電ができる「BMW iウォールボックス」と一緒に展示されていた。

日産「X-TRAIL」ハイブリッド(参考出品)

th_1H3A3831

などなど。

ハイブリッド車が、これからの主流になることを実感できるラインナップの多さ。エコでスマートなモデルの登場に今後も注目だ。

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。